ヴェルビエ音楽祭特集へ
ヴェルビエ音楽祭 - 過去のハイライト -

ヴェルビエ音楽祭 - 過去のハイライト -

ヴェルビエ音楽祭 - 過去のハイライトをご紹介
  • medici.tv JAPAN
    2021.07.18
  • お気に入り

目次

ヴェルビエ・フェスティヴァル25周年のセレブレーションに豪華なアーティストたちが結集。名だたるピアニストの競演を叶えてきた音楽祭が誇るピアノ・ガラ・コンサートに、セルゲイ・ババヤン、チョ・ソンジン、リチャード・グード、エフゲニー・キーシン、デニス・コジュヒン、ミハイル・プレトニョフ、アンドラーシュ・シフ、ダニール・トリフォノフ、そしてユジャ・ワン、作曲家のロディオン・シチェドリンまでも結集。8人16手による「ウィリアム・テル」序曲の壮観なエンディングまで、華やかなピアニズムが祝祭を彩ります。

【プログラム】
スメタナ:2台ピアノ8手のためのソナタ
ブラームス:ロシアの思い出(4手のための6つの幻想曲)
J.S.バッハ/プレトニョフ:主よ、人の望みの喜びよ(2台ピアノのための)
ラフマニノフ:ロマンス イ長調(6手のための)
ドヴォルザーク:スラヴ舞曲集 Op.72より 第2番 ホ短調
ラフマニノフ:イタリアン・ポルカ 変ホ短調 TN II/21(4手のための)
ラフマニノフ:2台ピアノのための組曲 第1番 Op.5より 第1番《舟歌》
ルトスワフスキ:パガニーニの主題による変奏曲(2台ピアノのための)
ロッシーニ:ウィリアム・テル序曲

【演奏】
セルゲイ・ババヤン(ピアノ)
チョ・ソンジン(ピアノ)
リチャード・グード(ピアノ)
エフゲニー・キーシン(ピアノ)
デニス・コジュヒン(ピアノ)
ミハイル・プレトニョフ(ピアノ)
アンドラーシュ・シフ(ピアノ)
ダニール・トリフォノフ(ピアノ)
ユジャ・ワン(ピアノ)

【詳細】
ディレクター:Corentin Leconte
会場:Salle des Combins(ヴェルビエ、スイス)
制作年:2018年
制作:© Idéale Audience with the participation of medici.tv

ヴェルビエ・フェスティヴァル25周年ガラ・コンサートⅡ VF 2018

弦楽器の名手たちが一堂に会した豪華すぎるセレブレーション。シトコヴェツキー、レーピン、ヴェンゲーロフ、カヴァコス、グリンゴルツ、フラング、バティアシュヴィリ、ズーカーマン、今井信子、タベア・ツィマーマン、マイスキー、モローなど、錚々たるソリストが世代を超えてアンサンブルを組んでいます。クラリネットのフロスト、バリトンのクヴァストホフも登場。タカーチ=ナジとゲルギエフがチェンバー・オーケストラを指揮して華やかな祝祭を締めくくります。

【プログラム】
J.S.バッハ:ブランデンブルク協奏曲 第3番 ト長調 BWV1048より 第1楽章
サラサーテ/シトコヴェツキー:ナヴァラ幻想曲
ペーター・ハイドリッヒ:ハッピー・バースデイ変奏曲
モーツァルト:アヴェ・ヴェルム・コルプス K.618
ヘンデル:メサイアより ハレルヤ・コーラス
J.シュトラウスII世:ポルカ Op.332 《ハンガリー万歳》
シュテファン・コンツ/J.シュトラウスII世/コール・ポーター/ヨーラン・フロスト:ヴェルビエ・ミックス
J.シュトラウスII世:こうもり序曲

【演奏】
リサ・バティアシュヴィリ(ヴァイオリン)
ルノー・カピュソン(ヴァイオリン)
アレクサンドラ・コヌノヴァ(ヴァイオリン)
ヴィルデ・フラング(ヴァイオリン)
イリア・グリンゴルツ(ヴァイオリン)
レオニダス・カヴァコス(ヴァイオリン)
ダニエル・ロザコヴィッチ(ヴァイオリン)
ヴァディム・レーピン(ヴァイオリン)
ドミトリー・シトコヴェツキー(ヴァイオリン)
キリル・トルソフ(ヴァイオリン)
マキシム・ヴェンゲーロフ(ヴァイオリン)
ピンカス・ズーカーマン(ヴァイオリン)

ジェラール・コセ(ヴィオラ)
ブライス・テ・エングストローム(ヴィオラ)
今井信子(ヴィオラ)
タベア・ツィマーマン(ヴィオラ)

アンドレイ・イオニーツァ(チェロ)
ミッシャ・マイスキー(チェロ)
エドガー・モロー(チェロ)

マーティン・フロスト(クラリネット)
トーマス・クヴァストホフ(バリトン)
エミリー・エドモンズ(メッゾ・ソプラノ)

ヴェルビエ・フェスティヴァル・チェンバー・オーケストラ
RIAS室内合唱団
ガボール・タカーチ=ナジ(指揮)
ヴァレリー・ゲルギエフ(指揮)

【詳細】
ディレクター:Corentin Leconte
会場:Salle des Combins(ヴェルビエ、スイス)
制作年:2018年
制作:© Idéale Audience with the participation of medici.tv

リチャード・グードのピアノ・リサイタル VF 2017

アメリカの名匠リチャード・グードが、2017年にフェスティヴァル初登場。モーツァルトのイ短調ソナタK.310に始まり、ベートーヴェン弾きとして名高い彼らしく後期ソナタop.109とop.110に、ヤナーチェクの「草陰の小径」、ドビュッシーの「前奏曲集第2巻」の抜粋を交えた多彩なプログラムをじっくりと聴かせています。

【プログラム】
モーツァルト:ピアノ・ソナタ 第8番 イ短調 K.310
ヤナーチェク:草陰の小径
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ 第30番 ホ長調 Op.109
ドビュッシー:前奏曲集 第2巻(抜粋)
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ 第31番 変イ長調 Op.110
J.S.バッハ:パルティータ 第1番 変ロ長調 BWV825

【演奏】
リチャード・グード(ピアノ)

【詳細】
ディレクター:Christian Leblé
会場:Verbier Church(ヴェルビエ、スイス)
制作年:2017年
制作:© Idéale Audience – medici.tv

シャルル・デュトワのブラームス、マルタ・アルゲリッチとのチャイコフスキー VF 2014

スイスはローザンヌ生まれの名指揮者シャルル・デュトワが、2014年のフェスティヴァル・オープニングに登場。お馴染みのマルタ・アルゲリッチをソリストに迎えたチャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番、そしてブラームスの交響曲第1番という、いずれも作曲家始まりの力強い労作にして、唯一無二の傑作を指揮します。

【プログラム】
チャイコフスキー:ピアノ協奏曲 第1番 変ロ短調 Op.23
 1. Allegro non troppo e molto maestoso – Allegro con spirito
 2. Andantino semplice – Prestissimo
 3. Allegro con fuoco

シューマン:子供の情景 Op.15より 第1曲 知らない国々

ブラームス:交響曲 第1番 ハ短調 Op.68
 1. Un poco sostenuto - Allegro
 2. Andante sostenuto
 3. Un poco allegretto e grazioso
 4. Adagio - Allegro non troppo, ma con brio

【演奏】
マルタ・アルゲリッチ(ピアノ)
ヴェルビエ・フェスティヴァル・チェンバー・オーケストラ
シャルル・デュトワ(指揮)

【詳細】
ディレクター:Christian Leblé
会場:Verbier Church(ヴェルビエ、スイス)
制作年:2017年
制作:© Idéale Audience – medici.tv

20世紀音楽傑作選――ダニエル・ハーディング、シャルル・デュトワ、ユジャ・ワン、C.プレガルディエン、D.ゲリエ、R.カピュソン VF 2010

20世紀の傑作を3曲、ヴェルビエならではのゴージャスな顔合わせでお届けする特別なオーケストラ・コンサート。シャルル・デュトワの指揮でユジャ・ワンがプロコフィエフのピアノ協奏曲第2番を鮮烈に弾き、ダニエル・ハーディングの指揮がストラヴィンスキーの「春の祭典」を鋭く描き出します。その間には、時代を下ってブリテンが1943年に作曲した連作歌曲集「セレナード」を、クリストフ・プレガルディエン、ダヴィッド・ゲリエ、ルノー・カピュソンがチェンバー・オーケストラとともに演奏します。

【プログラム】
プロコフィエフ:ピアノ協奏曲第2番ト短調 Op.16
ブリテン:テノール、ホルンと弦楽のためのセレナード Op.31
ストラヴィンスキー:春の祭典

【演奏】
ユジャ・ワン(ピアノ)
ヴェルビエ・フェスティヴァル・チェンバー・オーケストラ
シャルル・デュトワ(指揮)

クリストフ・プレガルディエン(テノール)
ダヴィッド・ゲリエ(ホルン)
ルノー・カピュソン(ヴァイオリン)
ヴェルビエ・フェスティヴァル・チェンバー・オーケストラ

ダニエル・ハーディング(指揮)
ヴェルビエ・フェスティヴァル・チェンバー・オーケストラ

【詳細】
ディレクター:Jean-Pierre Loisil、Sébastien Glas、Pierre-Martin Juban
制作年:2010年
制作:© Idéale Audience, medici.tv, Arte France20世紀の傑作を3曲、ヴェルビエならではのゴージャスな顔合わせでお届けする特別なオーケストラ・コンサート。シャルル・デュトワの指揮でユジャ・ワンがプロコフィエフのピアノ協奏曲第2番を鮮烈に弾き、ダニエル・ハーディングの指揮がストラヴィンスキーの「春の祭典」を鋭く描き出します。その間には、時代を下ってブリテンが1943年に作曲した連作歌曲集「セレナード」を、クリストフ・プレガルディエン、ダヴィッド・ゲリエ、ルノー・カピュソンがチェンバー・オーケストラとともに演奏します。

【プログラム】
プロコフィエフ:ピアノ協奏曲第2番ト短調 Op.16
ブリテン:テノール、ホルンと弦楽のためのセレナード Op.31
ストラヴィンスキー:春の祭典

【演奏】
ユジャ・ワン(ピアノ)
ヴェルビエ・フェスティヴァル・チェンバー・オーケストラ
シャルル・デュトワ(指揮)

クリストフ・プレガルディエン(テノール)
ダヴィッド・ゲリエ(ホルン)
ルノー・カピュソン(ヴァイオリン)
ヴェルビエ・フェスティヴァル・チェンバー・オーケストラ

ダニエル・ハーディング(指揮)
ヴェルビエ・フェスティヴァル・チェンバー・オーケストラ

【詳細】
ディレクター:Jean-Pierre Loisil、Sébastien Glas、Pierre-Martin Juban
制作年:2010年
制作:© Idéale Audience, medici.tv, Arte France

ミハイル・プレトニョフが指揮するグラズノフとチャイコフスキー、 ジャニーヌ・ヤンセンを迎えて VF 2017

47 件
TOP