ヴェルビエ音楽祭特集へ

人気の記事

藤田真央: ヴァーチャル・ヴェルビエ・フェスティヴァル

この夏はリアル開催で、連日現地を沸かせるスイスのヴェルビエ音楽祭。昨夏は「ヴァーチャル・ヴェルビエ・フェスティヴァル」と題して、Covid-19の情勢下で、オンライン開催を敢行し、好評を博しました。昨年現地での出演が予定されていたピアニスト、藤田真央もオン・ライン・コンサートのかたちに切り替えて登場。

記事を読む

ヴェルビエ音楽祭について

スイス・アルプスの夏の風物詩、ヴェルビエ音楽祭は1993年から開催され、世界各地のベテランと若手演奏家を結び、共演や教育プログラムを通じて、これからの音楽界を担う演奏家たちを多彩に育成してきました。毎夏、100を超えるマスタークラスやリハーサル、コンサートが公開され、またヴェルビエ・フェスティヴァル・オーケストラやアカデミー・プログラムでは60か国を超える音楽家たちが世代を超えて出会います。

348

記事を読む

辻井伸行 音楽と絵画コンサート-ドビュッシー《映像》と葛飾北斎&歌川広重 

辻井伸行の「音楽と絵画コンサート」シリーズから、辻井のピアノ、ドビュッシーと浮世絵とのコラボレーションをお届けします。2019年12月8日、豊田市コンサートホールでの最新ライヴ映像です。ドビュッシーが日本の浮世絵に親しんでいたことはよく知られていますが、このパフォーマンスではピアノ曲《映像》第1集と、葛飾北斎、歌川広重の版画を重ね合わせ、色彩や運動が鮮やかに描き出されます。第1曲「水の反映」と第3曲「運動」では葛飾北斎の『富嶽三十六景』など、第2曲の「ラモーを讃えて」では歌川広重の『名所江戸百景』の美しい浮世絵が映し出され、辻井のピアノとともに絵画的な情景を広げていきます。

記事を読む
338 件
TOP