ヴェルビエ音楽祭特集へ
ヴァレリー・ゲルギエフ・コンダクツ・チャイコフスキー:交響曲第1番《冬の日の幻想》

ヴァレリー・ゲルギエフ・コンダクツ・チャイコフスキー:交響曲第1番《冬の日の幻想》

チャイコフスキー最初の大作、交響曲第1番ト短調《冬の日の幻想》を、ヴァレリー・ゲルギエフ指揮マリインスキー劇場管弦楽団の演奏で。ペテルブルク音楽院を卒業した若き天才の第1交響曲は、ロシア国民楽派とも近く、副題のとおり、当時のロシア芸術が好んで主題とした冬の旅の性格も濃厚です。ゲルギエフとサンクトペテルブルクの名門がチャイコフスキーの交響曲全曲を手がけたチクルスから、2010年のパリ、サル・プレイエルでのコンサートを。
  • medici.tv JAPAN
    2020.01.10
  • お気に入り
※無料視聴期間は終了いたしました。
※視聴には「medici.tv」の会員登録が必要です。
ヴァレリー・ゲルギエフ・コンダクツ・チャイコフスキー:交響曲第1番《冬の日の幻想》
マリインスキー劇場管弦楽団:チャイコフスキー交響曲全集

【プログラム】
ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー:交響曲第1番 ト短調 Op.13 《冬の日の幻想》
 1. Allegro tranquillo
 2. Adagio cantabile ma non tanto
 3. Allegro scherzando giocoso
 4. Finale. Andante lugubre—Allegro maestoso

ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー:歌劇《エフゲニー・オネーギン》Op.24
 ポロネーズ

【演奏】
マリインスキー劇場管弦楽団
ヴァレリー・ゲルギエフ(指揮)

【詳細】
ディレクター:Andy Sommer
会場:サル・プレイエル(パリ、フランス)
制作年:2010年
制作:© LGM - MEZZO
3 件
TOP