人気の記事

藤田真央 プレイズ・モーツァルト

モスクワのザリャジエ・フェスティヴァルから、チャイコフスキー・コンクールのピアノ部門で第2位に輝いた藤田真央のリサイタルを。プログラムはオール・モーツァルトで、幻想曲ニ短調K.397、変奏曲ニ長調K.573、ソナタ ニ長調K.576を連ね、イ短調K.310とハ長調K.330のソナタで結ぶ綿密な構成。モーツァルトの誕生月のお祝いも兼ねて。

記事を読む

シャルル・ミュンシュ・コンダクツ・メンデルスゾーン:交響曲第3番&第4番

2月生まれのメンデルスゾーンを称えて、天才の名作交響曲をおおくりします。《スコットランド》と《イタリア》の愛称で親しまれる2作を、名匠シャルル・ミュンシュ(1891~1968)の情熱的な名演で。常任指揮者時代にボストン交響楽団を指揮したコンサートです。ドイツからフランスに帰化したミュンシュは、ボストン響の世界的評価を高め、メンデルスゾーン最後の3つの交響曲でも名高いレコーディングを残しています。ロマン派交響曲の傑作とみなされる両作は、それぞれスコットランド、イタリアの旅行中に構想されましたが、いずれも完成は後年、標題音楽ではなく純器楽的な創作として書かれています。第3番は全曲、第4番は第2楽章冒頭までの映像となりますが、イ長調とイ短調のコントラストも鮮やかな2曲のカップリングです。

記事を読む

佐渡&シエナと演奏しよう♪ ~アルメニアン・ダンス Part I~

全国の吹奏楽部のみなさん! 佐渡&シエナとおうちで一緒に演奏しましょう!! 新型コロナウィルスの感染拡大を防止するため、学校での部活動ができない全国の吹奏楽部のみなさんに、指揮者佐渡裕とシエナ・ウインド・オーケストラが、人気楽曲の演奏、各パートのワンポイント・レッスン動画を公開いたします。

記事を読む

いま、世界で最もホットなチェロ奏者ヒドゥル・グドナドッティル

トッド・フィリップス監督『ジョーカー』のスコアを手掛けてゴールデン・グローブ作曲賞を受賞し、昨年ドイツ・グラモフォン・レーベルと専属契約を結んだアイスランド出身の女性チェロ奏者/作曲家/歌手ヒドゥル・グドナドッティルに関する、ささやかなイントロダクション。

記事を読む

クラウディオ・アバド・コンダクツ・ベートーヴェン:交響曲第3番

2020年のベートーヴェン生誕250周年を祝して、medici.tv JAPANがお届けするベートーヴェンの交響曲チクルス。演奏は、クラウディオ・アバド指揮ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団。カラヤンの後を引き継いだアバド(1933~2014)が、ベルリン・フィルの芸術監督を務めて最後から2年目の年にあたる2001年、彼の母国、イタリアはローマのサンタ・チェチーリア国立アカデミアで行ったチクルスです。第3回となる今回は、いよいよ「英雄交響曲」変ホ長調Op.55の登場です。中間楽章に葬送行進曲とスケルツォを配した革新作を、改めてご堪能ください。

記事を読む

佐渡&シエナと演奏しよう♪ ~エルザの大聖堂への入場~

全国の吹奏楽部のみなさん! 佐渡&シエナとおうちで一緒に演奏しましょう!! 新型コロナウィルスの感染拡大を防止するため、学校での部活動ができない全国の吹奏楽部のみなさんに、指揮者佐渡裕とシエナ・ウインド・オーケストラが、人気楽曲の演奏、各パートのワンポイント・レッスン動画を公開いたします。

記事を読む

ユッセン兄弟 ピアノデュオ・リサイタル

ユッセン兄弟がファジル・サイに作曲を委嘱した《夜》で真に驚嘆すべきは、4手である利点を活かし、ふたり同時に内部奏法で演奏する点。ひとりの人間の手が2本しかない以上、ファジル本人でさえこんなユニークな演奏は不可能だ。

記事を読む
234 件
TOP