ヴェルビエ音楽祭特集へ
ひとりの高潔なヴァイオリニストの遺産

ひとりの高潔なヴァイオリニストの遺産

CD「岡山潔の軌跡」全2巻(パウ・レーベル 第1巻KIYO101-3;第2巻KIYO104-7)
  • 寺西基之
    2019.11.29
  • お気に入り
 昨年秋に75歳で世を去ったヴァイオリニスト、岡山潔の演奏を集めた2巻全7枚のCD集「岡山潔の軌跡」がリリースされた。岡山潔は楽壇の関係者なら知らぬ人はいない大きな存在だが、一般の音楽ファンの間ではそれほどの知名度があるとはいえないかもしれない。ボンのベートーヴェンハレ管弦楽団や読売日響の第一コンサートマスターを歴任、その後は長らく東京藝術大学で後進の指導に尽力する一方、演奏家としては何より室内楽を活動の中心に置いていたというように、経歴がいかにも地味で、ソリストとして派手に表舞台で活躍するといったタイプではなかったので、それも無理からぬことだろう。今回の2巻の「岡山潔の軌跡」は、そうしたヴァイオリニスト岡山潔を再認識させる契機となるであろうきわめてすばらしい内容のアルバムである。
 岡山はドイツに留学し、若い時からドイツで高く評価されたということに窺えるように、ドイツ本流の伝統を受け継いだヴァイオリニストだ。アルバム全体をとおしてその演奏に貫かれている特徴をひとことで表わすならば、高潔という語が最もふさわしい。自己を前面に出すことなく、ひたすら作品に奉仕し、作品自体に語らせようとする廉直さがどの演奏にも現われている。アルバムの中では最も早く1975年にドイツで録音されたシューマンのヴァイオリン協奏曲の透徹した美しさ、2002年のライヴであるゲルハルト・ボッセ指揮の神戸市室内管弦楽団との共演によるベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲の崇高ともいえる純度の高さ、ともに作品の美をありのままに表現しようという姿勢から生まれた稀に見る名演である。
 前述のように岡山の活動の中心は室内楽で、奏者どうしが共感し合い、一体化して一つの世界を作り上げるアンサンブルの理想の姿を求め続けた。このアルバムも上記の協奏曲以外は室内楽で占められており、この分野での彼の優れた手腕が様々な編成の作品のうちに明らかにされている。夫人であるヴァイオリニストの服部芳子との共演によるバルトークの「44の二重奏曲」やそこにヴィオラの深井碩章が加わってのドヴォルザークやコダーイの三重奏曲における緊密なアンサンブル、小林道夫のチェンバロとピアノにしっかりと寄り添ったモーツァルトの初期ソナタで示された端正な美しさ、植田克己とのデュオによるベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタ第10番に聴く親密な対話、伊藤恵と山崎伸子とのシューマンのピアノ三重奏曲第3番の白熱したやり取り ― いずれも共演者と同心一体となりつつ、そこに感興が息づいた演奏となっている。
 その岡山が室内楽の中でも最も重要と考え、とりわけ力を入れていたのが、弦楽四重奏のジャンルだった。ドイツにいた若い時期にすでにボン弦楽四重奏団を結成していることからもこのジャンルにおける彼の思い入れが窺えるが、日本では1993年に芳子夫人らとエレオノーレ弦楽四重奏団を結成して充実した活動を展開、さらに2008年に岡山潔弦楽四重奏団として再出発し、自らのライフワークとしてきた。今回のアルバムではこの岡山潔弦楽四重奏団(メンバーは岡山夫妻、佐々木亮、河野文昭)のライヴがいくつか収録されているのはうれしい限りだ。収められているのはベートーヴェンの弦楽四重奏曲第1番と第14番、シューベルトの第15番、メンデルスゾーンの第2番、シューマンの第3番というドイツ=オーストリアのこのジャンルの王道にある作品で、どれもいかにもドイツ仕込みといえるようなオーソドックスな演奏スタイルによる重厚さのうちに、情感の揺れやうねり、叙情の濃やかな陰影を表わし出していて感動的だ。最近は弦楽四重奏の演奏のあり方も、ピリオド的な方向を含めスタイルや奏法が多様化しているが、そうした流れに与することなく、伝統の本道をしっかりと受け継ごうという強い意志が感じられる。もちろんそれはただ伝統を固守するだけということではまったくない。作品に取り組むにあたっては、第一線の音楽学者たちの協力を得て、作曲家や作品についての最新の情報を取り入れていったことが、当アルバムに収められた岡山の東京藝大退官の最終講義で語られている。伝統に寄り掛かるのではなく、それをアップデートしていく姿勢、それが演奏の持つ確かな説得力に結び付いている。
 岡山の活動はまだまだ続くはずだった。2015年には岡山潔弦楽四重奏団のベートーヴェン後期シリーズが企画され、ヨーロッパ公演も予定されていたのだが、その矢先に病に倒れてしまう。一時期は回復をみせ、演奏活動の再開も期待されただけに、その死は本当に残念でならない。今回このアルバムの密度の濃い充実した演奏に触れて、偉大な人を失った思いを新たにさせられたものである。
 一周忌にあたる今年10月1日、杉並公会堂大ホールにおいて、岡山を追悼する「岡山潔メモリアル・コンサート」が開催された。彼の門下生や私淑する音楽家たち、彼が音楽監督を務めた神戸市室内管弦楽団の団員たちによって、前半は室内楽が取り上げられ、後半は彼の薫陶を受けた山田和樹の指揮による臨時編成のオーケストラによってベートーヴェンの交響曲第3番「英雄」が演奏された。企画から運営まですべて岡山を慕う有志たちの尽力で実現したもので、会場には多くの聴衆が参集、この高潔なヴァイオリニストの業績を偲ぶにふさわしいコンサートとなった。
2 件
TOP