《クラウス・マケラ指揮 パリ管弦楽団》来日直前特集!!へ
Viva! ヴィヴァルディ、いざ未来へ --篠崎“まろ”史紀 & MAROカンパニーの新たな年明け

Viva! ヴィヴァルディ、いざ未来へ --篠崎“まろ”史紀 & MAROカンパニーの新たな年明け

王子ホール ニューイヤー・スペシャルコンサート MAROワールド Vol.46 by 篠崎“まろ”史紀&MAROカンパニー ~Viva! ヴィヴァルディ~ (2023年1月7日、王子ホール) ◆篠崎“まろ”史紀(ヴァイオリン)、MAROカンパニー 大江 馨、倉冨亮太、郷古 廉、小林壱成、﨑谷直人、白井 篤、伝田正秀(ヴァイオリン)、佐々木 亮、鈴木康浩(ヴィオラ)、市 寛也、佐山裕樹(チェロ)、菅沼希望(コントラバス) 山田武彦(チェンバロ)
  • 青澤隆明
    2023.01.10
  • お気に入り
 午後に壮大なロシア音楽を聴いた後は、銀座で珈琲を飲んで、イタリア・バロックの宵へくり出した。王子ホールの年明けは、いつものように篠崎“まろ”史紀&MAROカンパニーで、“Viva! ヴィヴァルディ”。読響とポゴレリッチの力強い演奏の後に聴いても、こちらもまた、ホールに満ちる豪勢な響きが圧巻だ。多くのコンサートマスターや首席奏者も含めて、弦の猛者が世代を超えて集えば、この地力だ。

 新春に、ヴィヴァルディの協奏曲づくし。とはいえ凝った構成で、コンサート前半はプログラムが進むにつれて、ソリストが次々と増えていく面白い仕掛け。ヴァイオリンのソリストが1、2、3、4というふうに漸次増殖するだけでなく、篠崎史紀の「未来へ繋ぐ」思いを象徴するように、彼が次代を託す名手たちへと手渡すように発展していく。

 まずは篠崎自らソロをとった『調和の霊感』op.3の第6番、続いて郷古廉と小林壱成でop.3の第8番を。サプライズで佐山裕樹と市寛也の2つのチェロの協奏曲ト長調の第1楽章をはさみ、3つのヴァイオリンの協奏曲ヘ長調では﨑谷直人と伝田正秀と白井篤、再びop.3にかえって第10番では大江馨、小林壱成、郷古廉、倉冨亮太、そしてチェロの佐山がフロントを組んだ。

 後半は『四季』の全曲。ふたたび篠崎が堂々とソロに立ち、ここまでも伸び伸びと即興を広げてきたチェンバロの山田武彦がさらに愉快なアイディアをくり出しつつ、アンサンブルで大いに遊んでいった。

 ここは、道場なのか遊び場なのか。そのどちらでもあるような真剣な音楽対話の熱が、ヴィヴァルディを多彩に、しかも逞しくマッチョに躍動させる。トークも交えて個々の奏者をフィーチャーしながら3時間弱、ヴィヴァルディしばりだが多彩なアイディアに富み、まさに「技のデパート」の様相を呈していた。

 アンコールには山田武彦が特別に書き下ろした「アンコールのための曲」で、ここまでソロには恵まれなかったコントラバスの菅沼希望がセンターに立ち、ヴィオラの両雄、鈴木康浩と佐々木亮も濃い独奏を織り込む。全員が主役のスーパー・カンパニーの大団円を、曲はいささかメランコリックだが、力強く濃厚に結んだ。
1 件
TOP