ヴェルビエ音楽祭特集へ
花火 は -間奏曲

花火 は -間奏曲

季節のうた、夏。花火、音と静けさ。
  • 青澤隆明
    2021.08.29
  • お気に入り
 花火は何度でも打ち上がって、何度でも散っていく。虚空ではなく、夏の夜の空に。
 しかし、ひとつひとつの花火が打ち上がるのも、花開くのも、散っていくのも、それぞれ一度きりである。同じ花火は一玉としてない。同じ顔をしていても、ひとつひとつ違ってくる。
 手づくりだから、ということだけではなく、順番も組み合わせも、時間も空模様も違う。もちろん、観る人の心も違う。これからが楽しみだったり、もう終わりかと思ったりして。
 帰りの空には、煙だけがもやもやと残る。残響がたくさん残る曲の演奏のように。
 音楽が過ぎたあとには、熱はさめやらなくとも、空も静寂もさらに澄みきっていていい。
1 件
TOP