ヴェルビエ音楽祭特集へ
アンデルシェフスキのプレリュードとフーガ(青澤隆明)

アンデルシェフスキのプレリュードとフーガ(青澤隆明)

ピョートル・アンデルシェフスキ ピアノ・リサイタル (2021年11月11日 いずみホール) J.S.バッハ:『平均律クラヴィーア曲集第2巻』より12のプレリュードとフーガ  
  • 青澤隆明
    2021.11.12
  • お気に入り
 昨夜、いずみホールで、アンデルシェフスキのバッハ・リサイタルを聴いた。いわゆる『平均律』第2巻から彼独自に編まれた12の「プレリュードとフーガ」を、ついに実演で聴けた。この素晴らしいホールでの得難い音楽の記憶が、心のなかにまた鮮烈に刻まれた。

 作品が遠大なだけに、感じること、考えることも多々あったが、いまは書ききれない。しかし、なんという痛切な演奏だろう。人が強く真率に表現を生きるとは、こういうことなのではないか。

 13日夕方、紀尾井ホールでのリサイタルでは、また違う表情や脈絡がひらかれるに違いない。2021年秋のアンデルシェフスキの日本でのコンサートも、いよいよ最終公演。楽しみでならないし、やはり緊張もしている。
1 件
TOP