ヴェルビエ音楽祭特集へ
クラウディオ・アバド・コンダクツ・ベートーヴェン:交響曲第5番《運命》

クラウディオ・アバド・コンダクツ・ベートーヴェン:交響曲第5番《運命》

偉大なる作曲家の生誕250周年を祝して、medici.tv JAPANがお届けするベートーヴェンの交響曲チクルス。演奏は、クラウディオ・アバド指揮ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団。カラヤンの後を引き継いだアバド(1933~2014)が、ベルリン・フィルの芸術監督を務めて最後から2年目の年にあたる2001年、ローマのサンタ・チェチーリア国立アカデミアで行ったチクルスです。全9曲の折り返しとなる今回はいよいよ《運命》、交響曲第5番ハ短調Op.67の登場です。暗から明へ、ハ短調からハ長調へと劇的に、力強い意志をもって歩む屈指の名作を、いまこそ改めてお聴きください。
  • medici.tv JAPAN
    2020.03.22
  • お気に入り
クラウディオ・アバド・コンダクツ・ベートーヴェン:交響曲第5番《運命》
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

【プログラム】
ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン:交響曲第5番 ハ短調 Op.67 《運命》
 1. Allegro con brio
 2. Andante con moto
 3. Allegro
 4. Allegro

【演奏】
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
クラウディオ・アバド(指揮)

【詳細】
ディレクター:Bob Coles
会場:サンタ・チェチーリア国立アカデミア(ローマ、イタリア)
制作年:2001年
録音年:2001年
制作:© EuroArts / RAI TRADE, RAI / Radiotelevisione Italiana
2 件
TOP