ヴェルビエ音楽祭特集へ
クラウディオ・アバド・コンダクツ・ベートーヴェン:交響曲第1番

クラウディオ・アバド・コンダクツ・ベートーヴェン:交響曲第1番

2020年のベートーヴェン生誕250周年を祝し、新年から順を追って、ベートーヴェンの交響曲チクルスをお届けしていきます。演奏はクラウディオ・アバド指揮、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団。カラヤンの後を引き継いだアバド(1933~2014)が、ベルリン・フィルの芸術監督を務めて最後から2年目の年にあたる2001年、彼の母国、イタリアはローマのサンタ・チェチーリア国立アカデミアで行ったチクルスです。前年のドイツ・グラモフォンでの全集録音に続く、ベートーヴェン交響曲の連続演奏会から、まず第1番ハ長調Op.21をおおくりします。18世紀の終わり、ベートーヴェンの交響曲の壮大な旅の始まりです。
  • medici.tv JAPAN
    2020.01.24
  • お気に入り
※無料視聴期間は終了いたしました。
※視聴には「medici.tv」の会員登録が必要です。
クラウディオ・アバド・コンダクツ・ベートーヴェン:交響曲第1番
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

【プログラム】
ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン:交響曲第1番 ハ長調 Op.21
 1. Adagio molto – Allegro con brio
 2. Andante cantabile con moto
 3. Menuetto: Allegro molto e vivace – Trio
 4. Adagio – Allegro molto e vivace

【演奏】
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
クラウディオ・アバド(指揮)

【詳細】
ディレクター:Bob Coles
会場:サンタ・チェチーリア国立アカデミア(ローマ、イタリア)
制作年:2001年
録音年:2001年
制作:© EuroArts Music International
3 件
TOP