ヴェルビエ音楽祭特集へ
オットー・クレンペラー・コンダクツ・ベートーヴェン:交響曲第9番

オットー・クレンペラー・コンダクツ・ベートーヴェン:交響曲第9番

ドイツが生んだ20世紀の巨匠オットー・クレンペラー(1885~1973)が、イギリスのニュー・フィルハーモニア管弦楽団を指揮した歴史的なコンサート。第2次世界大戦後に設立されたフィルハーモニア管弦楽団が解散の危機を乗り越え、新たな名を掲げて自主運営による再出発を約した1964年、ロイヤル・アルバート・ホールでのモニュメンタルな《第九》を。
  • medici.tv JAPAN
    2019.12.16
  • お気に入り
※無料視聴期間は終了いたしました。
※視聴には「medici.tv」の会員登録が必要です。
オットー・クレンペラー・コンダクツ・ベートーヴェン:交響曲第9番
ニュー・フィルハーモニア管弦楽団

【プログラム】
ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン:交響曲第9番 ニ短調 Op.125
 1. Allegro ma non troppo
 2. Molto vivace
 3. Adagio molto e cantabile
 4. Presto

【演奏】
アンジェラ・ゲオルギュー(ソプラノ)
マルガ・ヘフゲン(メゾ・ソプラノ)
エルンスト・ヘフリガー(テノール)
グスタフ・ナイトリンガー(バス)
ニュー・フィルハーモニア管弦楽団
オットー・クレンペラー(指揮)

【詳細】
ディレクター:Pierre-Olivier Bardet
会場:ロイヤル・アルバート・ホール(ロンドン、イギリス)
制作年:2005年
録音年:1964年
制作:© Idéale Audience / IMG Artists / BBC
3 件
TOP