ヴェルビエ音楽祭特集へ
柴田克彦の音楽日記をイッキ見

高関健率いる東京シティ・フィルを、ぜひ聴いて欲しい! その2


柴田克彦 / 更新日:2022年1月17日


東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団 2021年の定期演奏会等



 今度は東京シティ・フィルの昨年のおもな演奏会をざっと振り返ってみよう。

 もちろん同楽団進化の立役者である常任指揮者・高関健が受け持った公演から。まずは、高密度かつ鮮烈な3月定期のショスタコーヴィチの交響曲第8番、堅牢にして雄大な5月定期のブルックナーの交響曲第5番の両名演が印象深い。この2つは他を含めた2021年の全コンサートの中でも出色だった。さらには7月のフェスタサマーミューザKAWASAKIにおけるスメタナ「わが祖国」全曲のこまやかで温かな好演、10月定期のストラヴィンスキー新古典主義音楽プログラムの意味深い構成と明解な彫琢も光っていた。

 高関は、的確にして緻密な構築で楽曲の真髄を表出する実力者。彼のポスト就任後の東京シティ・フィルは、工夫されたプログラムに全力で取り組みながら、年々クオリティをアップさせてきた。それがコンビ7年目で一段深化し、強固なものになった感がある。先に当欄で挙げた12月の「第九」はそれを象徴する公演と言えるだろう。

 シェフがしっかりしていると他の指揮者もより引き立つ。首席客演指揮者・藤岡幸夫は、2月定期のホルスト「惑星」、9月定期のショスタコーヴィチの交響曲第5番等で、彼らしいダイナミックでスリリングな熱演を展開。桂冠名誉指揮者・飯守泰次郎は、5月の「ニーベルングの指環」ハイライト特別演奏会(これは筆者が聴いた日本のワーグナー演奏の中でも屈指の充実公演だった)や、12月のシューマン交響曲全曲演奏1(第1&2番)の重層的かつ味わい深い演奏で、聴く者に深い感銘を与えた。これらも高関が築いた精緻なベース上でなされるので、2人の個性(高関とはまた違った)が最良の形で発揮される。また7月定期の下野竜也指揮によるバーバーと伊福部作品、11月定期のロリー・マクドナルド指揮によるシベリウスの「4つの伝説曲」も楽曲の特質が雄弁に表出された快演。特に後者は滅多に聴けないほど魅力的だった。

 かように今の東京シティ・フィルは、演奏の密度と聴く者に与える充足感の高さにおいて、在京オーケストラ中、屈指の存在だ。メンバーたちの懸命で誠意溢れる取り組みも見ていて気持ちがいい。だが、一時に比べると聴衆も増えているとはいえ、満員となる公演は決して多くない(「飯守リング」と「第九」くらいだ)。ゆえに、世間的な知名度や話題性にとらわれず、1人でも多くの人に足を運んでほしいと願わずにはおれない。

高関健率いる東京シティ・フィルを、ぜひ聴いて欲しい! その1


柴田克彦 / 更新日:2022年1月14日


東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団 第九特別演奏会 2021年12月28日 東京文化会館 



 ここ3年ほど東京シティ・フィルの定期演奏会のプログラム解説とチラシ裏の紹介文を担当している。ゆえに手前味噌的な気配が漂い、闇雲な賞賛は憚られるのだが、それでもあえて言いたい。「今このオーケストラはもっともっと光を当てられるべきだ」。強くそう思うほどいい演奏を続けている。最大の要因はむろん2015年から常任指揮者を務める高関健の手腕と尽力にある。

 2021年12月のベートーヴェン「第九」が良い例だ。それは隅々まで細かな配慮がなされた精緻な演奏。ヴィブラート(チェロ等の一部を除いてほとんどノン・ヴィブラートだったと思う)や音の切り方など、ピリオド奏法が取り入れられてはいるのだが、ありがちな「ピリオド奏法の応用」にとどまらず、フレージングやアーティキュレーションやダイナミクスなどあらゆる面に高関の研究の成果が反映された、「今こうしたベートーヴェンを、こうした『第九』を演奏したい」との意志が極めて明確な表現だった。引き締まったテンポと響きの中で、楽譜に書かれた様々な動きが自在に浮き彫りにされていき、ダイナミクスが細かく変化する。特にいつも勢いで押し切られる終楽章最終場面での強弱や表情の細かさには恐れ入った。合唱はオーケストラ付きのアマチュアなので、新国立劇場合唱団や東京オペラシンガーズ等に比べると当然小さくて弱いが、そこも逆手にとったかのように(オーケストラの1パートのように扱い、と言うべきか)、普段消されがちな管弦楽の動きが強調されるから、随所で新鮮な感触が生まれる。しかもこれら全てが音楽の自然な流れに沿って遂行されていくので、楽曲と演奏が与える感銘も申し分ない。慣例的なタメや強弱に溢れた「ジャパニーズ年末第九」とは完全に異なる、しかしメトロノーム指定に即した「せかせか第九」でもないこの唯一無二の演奏は、筆者がこれまで聴いた「年末第九」の中でも出色、いや一番とさえ言えるほどだった。 

 高関とてこの表現は単発の客演ではまず不可能であろうし、手兵のシティ・フィルであっても、コンビを組んで7年の積み重ねあってこそ可能だったであろう。(おそらく)高関が「今ならやりたいことができる」と考え、メンバーも真摯にそれに応える。これはシェフと楽団の在り方として1つの理想形であり、当コンビの現在の充実ぶりの良き証でもある。本公演を聴いて両者の今後がますます楽しみになった。 

ベートーヴェンの7番はやはり名曲だった(?)


柴田克彦 / 更新日:2021年11月8日


オーケストラ・アンサンブル金沢 第447回定期公演 <フィルハーモニー・シリーズ> 2021年10月21日 石川県立音楽堂コンサートホール



 久々に泊まりがけで遠征した。マルク・ミンコフスキ指揮/オーケストラ・アンサンブル金沢のベートーヴェン全交響曲演奏会の4回目(第4番&第7番)を聴くためだ。7月に行われた初回公演の第1番と第3番の弾力感と愉悦感に魅了され、他の曲もぜひ体験したいと思ったのだが、この時は6日間に3公演が行われる集中的なスケジュール。1週間に2度の金沢往復は時間&金銭的(東京-金沢間の新幹線はことのほか高い……)に厳しいので諦めたところ、第5番が凄かったとの声を耳にし、「ならば無理してでも行けば良かった」と後悔した。それゆえ、演奏の方向的に最も合っていそうな第4番&第7番は絶対に逃したくなかったのだ。前回は14:00開演ゆえに日帰りしたが、今回は19:00開演なのでホテルもとって万全の態勢。計算上は21:01発の最終新幹線に間に合いそうだったが、聴きながらハラハラしたくはないし、せっかくの遠出だから翌日はプチな金沢観光でもしようと、意気込み十分で乗り込んだ。

 結論から言うと、行って良かった。交響曲第4番の序奏から、細かなニュアンスと抑揚の大きさにまず驚かされる。主部はミンコフスキならではの推進力抜群の進行。しかもダイナミクスの語彙がえらく豊富だ。第2楽章はことのほか豊かに歌われる。だがリズムや拍節感が明確ゆえに引き締まった優美さが漂う。躍動的な第3楽章を経た第4楽章は、細かな動きが明瞭で前進性が漲っている。

 後半の第7番。ここもニュアンスと響きが豊かな第1楽章の序奏にまず感服させられる。主部も第4番以上に活気が横溢。リズムが常に明確なので曲の特質がはっきりと伝わる。第2楽章は今回最も驚いた場面。ミンコフスキはもとよりピリオド楽器勢全般の傾向から、速めのインテンポでの表現を予想したのだが、あにはからんや遅めのテンポでたっぷりと歌われる。これは意外。その中で弱音の緊張感が物凄く、各フレーズが自在に伸縮するので聴き応え十分だ。第3楽章も溌剌とした主部に続くトリオがまたしても遅めのテンポでじっくりと歌われる。タメやルバートも大胆で、まるで往年の巨匠のようだ。第4楽章は予想通りの超快速テンポ(これまで聴いた中で最速かもしれない)で運ばれ、超絶的な推進力がもたらされる。第1楽章もそうだったが、終盤のバッソ・オスティナートをことのほか強調していた点も印象的だった。

 正直なところアンサンブルの精度は今ひとつで、中でも4番は管楽器の事故が気になった。もう1日公演があれば(この公演が1回というのはもったいない)、かなり良くなったのではないかと思わせる演奏とも言えようか。だが音楽自体の新鮮さはそうした技術面を超越していた。7番は特にそう。実はこの曲、個人的にはチャイコフスキーの交響曲第5番と並ぶ“辟易曲”で、“ステレオ・タイプの興奮させ演奏”というか“高揚感の強要”というか、「どうだい、エキサイティングだろ!」と言わんばかりの演奏パターンに鼻白むことしきりだった。しかもただでさえ人気曲だった7番は、「のだめ~」以来グンと演奏回数が増え、編成少なくして盛り上がるのでコロナ禍ではさらに聴く機会が多くなった。その度に「ブラボーが禁止されていて良かった」と安堵する状態が続いていたのだが、この日はそれを全く感じることなく、ブラボーがないのが残念にさえ思えた。

 チャイコフスキーは、自身5番に関して「あの中には何か嫌なものがあります。大げさに飾った色彩があります」とフォン・メック夫人への手紙に記している。そうした一種の“あざとさ”が、ベートーヴェンの7番にもあるのではないか? 聞き始めた頃は2曲とも両者の交響曲の中で一番好きだったが、いつしか鼻につく……。ベートーヴェンの交響曲中、5番は何回聴いてもそう感じないので、これは曲が持つ特定の性格なのだろう(もしくはパーソナルな好みの問題か)。何はともあれ、ミンコフスキ/OEKの7番はその“あざとさ”をまるで感じさせなかった。なぜなのだろう? かくして今回は、演奏の在り方(あるいは聴き方)を今一度考えさせられることになった。

 本編が終わったのが20時37分頃。ところが初演時に習ったのか、7番の第2楽章がそっくりアンコールされた。その演奏は本編に比べて音の質量がグンと増していたし、何より感動的。最初のテーマを聴いて泣けてきそうだった。一人勝手に酔いしれていたのかもしれないが、演奏会というのはそもそもそういうものだろう。アンコールが終わると20時53分。ホテルをとっていて良かった。結果的には最終に間に合ったが、ハラハラして演奏に集中できなかったのは明白だ。

 翌日は午前中に市内を観光。兼六園は2度行ったので、今回は金沢城公園内の各所と21世紀美術館を観て帰京した。21世紀美術館はどうやらトレンド的な場所になっているらしく、金曜日の午前中だというのに若者グループやカップルを中心にかなりの混雑。13時前に出る東京行きの新幹線も満席だったので、感染者が減って人流も増しているようだ。それでもこうした楽しみの復活(機運)は、間違いなく気分を明るくさせる。
34 件



TOP