柴田克彦の音楽日記をイッキ見

在京オーケストラで最初に再開された有観客公演、 現状で可能な限りのこの上ない成果


柴田克彦 / 更新日:2020年6月29日


東京フィルハーモニー交響楽団 第938回オーチャード定期演奏会  2020年6月21日 Bunkamuraオーチャードホール



 在京オーケストラの先陣を切って、東京フィルが有観客のコンサートを再開した。本来はミハイル・プレトニョフの指揮で、シチェドリンのカルメン組曲、チャイコフスキーの組曲第3番というマニアックなプログラムだったが、指揮は同楽団レジデント・コンダクターの渡邊一正、演目はロッシーニの「セビリアの理髪師」序曲とドヴォルザークの交響曲第9番「新世界より」に変更され、休憩のない約1時間の公演となった。
 まず聴衆に関する感染症予防対策は、これ以上ないほど徹底されていた。入場者数は大幅に制限(この日は2000人強の会場に600人ほどの聴衆)され、マスク着用や入場時の消毒その他現状で考え得る対策は全て行われていたし、連絡先を記載した座席番号はがきを回収することで事後対応への配慮もなされていた。さらに特筆すべきは、来場者が座席ごとに指定された「入場推奨時間」に沿って入場する「時差入場」の実施。強制ではないのだが、開演1時間前に開場を早め、多くの人が目安に沿って入場することで、かなりの分散効果があると思われる。しかも終演後は出口が混雑しないよう、1階席後半分の聴衆をずらして退場させるなど、密の回避に相当な力が注がれていた。
 さて、公演は15:00から。会場には14:10頃に行った。ホール入り口の雰囲気はやけに物々しい。関係者やスタッフ全員が緊迫した雰囲気で入場者を注視しているし、フェイスシールドを付けたスタッフもいて、思わずたじろいでしまうが、もちろんめげずに入場する。座席は1階24列の上手端ブロック。時間が早いせいか、1階のお客さんはまだ少ない。14:20過ぎから舞台上で木管五重奏の演奏が始まる。これは、早い入場時間を推奨された=待ち時間が長い聴衆に向けた趣向で、本公演に出ない奏者が約20分間演奏した。アナウンスもインフォメーションもなく、奏者は全員私服で、プライベートな場所に集まってさりげなく演奏するといった風情。正装してインフォメーションを出せば、正式なプレ・コンサートになってしまって、遅い入場時間を推奨された人からクレームが来そうだし、さりとて50分以上ただ待つのも辛いので、このスタイルは絶妙というほかない。その間に少しずつお客さんが増え、前後左右の席をかなり空けて座りながら開演を迎える。
 楽員たちがステージに登場すると、観客から心のこもった拍手が送られる。オーケストラは「新世界より」の場合、2管編成・12型で総勢65名とのこと。奏者間の距離はいつもより開けられて(縦1.5m、横80cmが基本との由)いるし、弦楽器と管楽器の間などにアクリル板が置かれ、金管楽器の奏者間にはコンビニのレジ同様のシートが設置されたようだが、当ホールの1階やや後方斜め正面から見る分には、まるで違和感がない。というか、これらの対応は後にスタッフから聞いたもので、実際にはごく一部しか気付かなかった。見え方はホールや座席によって異なるであろうが、まずは上々の対応といえるだろう。 
 「セビリア理髪師」序曲は、さすがに「久々の本番」感が強い。だが「新世界より」に入ると、サウンドに生気と集中力が、音楽にパッションが宿る。細かな乱れはあるにせよ、全体に遅めのテンポで表情豊かにたっぷりと奏された好演。第2楽章など感動的な場面もあって、この曲が稀代の名作であることを改めて認識させられた。これは生演奏が貴重な状況下でこその収穫ともいえようか。そして終演後は温かな拍手。退場もスムーズに運ばれ、再開公演は無事終了した。
 数々の対策や演目の変更など平時では有り得ないことだらけだが、現状では致し方ない。それよりも、「弦楽のみや小編成で演奏する」「奏者の間隔を不自然なほど空ける」「本番で演奏者がマスクを着用する(リハーサルでは着用したとのこと。だが声を出さない本番で必要だろうか?)」「余計な語り(『やっと再開できました』『未曾有の苦境を乗り越え……』といった類い)を入れる」ことなどせず、さらには「配信のみ」でもなく、「ロマン派時代のフル編成の曲を、できる限り普通に見える形で、観客を入れて演奏した」ことは、現段階における極上の成果といえるのではないか。徹底した対策を講じた上で、「0から1」いや「0以下から2くらい」への進化をいち早く実現した東京フィルに大きな拍手を送りたい。

自己顕示欲のない存在感が頼もしい


柴田克彦 / 更新日:2020年6月17日


ラッパは鳴り響き(CD) ハインリヒ・ブルックナー(トランペット)、ウィーン交響楽団バロック・アンサンブル、他



 管楽器のCDシリーズ(?)、今回はトランペットに目を向けたい。ウィーンの名手ハインリヒ・ブルックナーによるバロック音楽を中心とした1枚、「ラッパは鳴り響き」(カメラータトウキョウ)である。
 1965年ウィーン生れのブルックナーは、ウィーン交響楽団の奏者(1986~2005年は首席奏者)を長年務めているほか、アート・オブ・ブラス・ウィーン等のメンバーや編曲者としても知られる存在。またピリオド楽器にも積極的に取り組んでいる。
 本ディスクには、ヘンデル、トレッリ、テレマン、レオポルト・モーツァルト、プフィスターの作品が、ウィーン交響楽団バロック・アンサンブル等をバックに収録されている。録音時期は2002年から17年まで。幅広い時期の録音をまとめた集大成的な内容だが、L.モーツァルトの協奏曲以外は全て初リリースだ。
 このアルバムには特筆すべき点が2つある。1つは選曲と構成。最初にヘンデルのオラトリオ「サムソン」のソプラノ独唱のアリア「輝かしいセラフィムに」が置かれ、トレッリの「5声のソナタ第1番」「協奏曲ニ長調」というトランペット独奏を前面に出した作品が続く。かわってテレマンの「ターフェルムジーク 第2巻」からトランペットとオーボエをフィーチャーした1曲が登場。それにL.モーツァルトの「協奏曲ニ長調」が続く。さらにはバンベルクの教会等で活躍した1709年生まれの作曲家プフィスターの「天の女王」なるソプラノ独唱の作品に、トレッリの「5声のソナタ第7番」が続き、ヘンデルのオラトリオ「メサイア」のバリトン独唱のアリア「ラッパは鳴り響き」で締めくくられる。つまり声楽曲や合奏曲とソナタや協奏曲を交互に配置することで、独奏楽器のみならず共演楽器としてのトランペットの意義が明示されている。本ディスクはブルックナーの実質上初のソロ・アルバム。にもかかわらず、有名協奏曲やポピュラー小品を並べることをせず、看過されがちな作品をピックアップしながら一時代のトランペット音楽の多様性に光を当てた点に、奏者の音楽への真摯な姿勢と佳きセンスが見て取れる。
 もう1つはもちろん演奏自体。トランペットのソロCDは「どうだい、凄いだろう」と言わんばかりの「自己顕示欲全開演奏」になりがちだが、本ディスクにはそれが微塵もない。音色は光輝でハリがあり、技巧的にも万全と言っていい。それでいて表現は真っ直ぐで清澄でナチュラル。輝かしさは充分ありながら無闇に突出することなく、動きの全てが音楽に寄り添っている。出過ぎずして美しい華を添える声楽曲でのバランスも絶妙だ。根底にピリオド楽器演奏等で培った同時代の様式への造詣の深さがあるのも確かだろう。これは、華やかで気品があってハイクオリティな、通常とはひと味違ったトランペット・アルバムだ。

たまにはファゴットを聴くのも悪くない


柴田克彦 / 更新日:2020年5月29日


モーツァルト、ウェーバー、ドゥピュイ: ファゴット協奏曲集(CD) ブラム・ファン・サムベーク(ファゴット)、スウェーデン室内管弦楽団、他



 今度はファゴットのCDを取り上げたい。オランダの奏者ブラム・ファン・サムベークによる同楽器の協奏曲集(2019年9月録音/BIS)である。1980年生まれのサムベークは、2002年から11年までロッテルダム・フィルの首席奏者を務め、その後はハーグ王立音楽院で教えながらソリストとして活躍中。またロンドン交響楽団やマーラー・チェンバー・オーケストラ等に首席奏者として客演してもいる。
 本作に収録されているのは、モーツァルト、ウェーバー、ドゥピュイのファゴット協奏曲。この内モーツァルトとウェーバーの作品は同楽器の大定番レパートリーで、ドゥピュイの作品は逆に世界初録音というレアな1曲だ。書かれたのは各々、1774年、1811/22年、1812年。時期の近い古典派の定番曲(とはいえファゴット関係者以外はウェーバー作品もレア曲かもしれない)と未知の曲を併せて味わえる点も本作の妙味といえるだろう。
 サムベークは、温かく柔らかな音色をもち、良い意味で脱力した演奏を聴かせる。テクニックは抜群だが、これ見よがしにそれを強調することはない。さりげない動きに見せながら、よく聴くと物凄いテクニックが駆使されている……といった趣。そこに好感がもてる。
 本作のモーツァルトも柔和で気品が漂い、ウェーバーは鮮やかで表情豊か。特に後者の第2楽章の息の長いフレージング、第3楽章の目覚しい速吹きには大いに魅せられる。だが本ディスクを取り上げた最大の理由は、最後のドゥピュイの作品にある。
 エドゥアール・ドゥピュイ(1770−1822)は、スウェーデンとデンマークでヴァイオリニスト、歌手、作曲家として活躍したスイス生まれの音楽家。生年はベートーヴェンと同じ。すなわち今年が生誕250周年にあたる。ファゴット協奏曲ハ短調(たまたまだろうが、この調性もベートーヴェンを想起させる)は、全3楽章・約30分の本格作。本ディスクが世界初録音で、サムベーク自身も楽譜の校訂・編集に携わっているようだ。同曲の魅力は、豊富なメロディとファゴットの様々な魅力が盛り込まれていること。それをサムベークはことのほかチャーミングに聴かせる。
 第1楽章は哀感と愉悦が相半ばした音楽で、技巧的な見せ場も十分。第2楽章はオペラティックなメロディがじっくりと奏され、ファゴットの歌の魅力を満喫させる。第3楽章はファゴットならではの愉悦感が横溢したロンドで、快速フレーズも耳を奪う。この曲は、構成や緊密性からみれば物凄い名作とは言えないであろうが、メロディアスなファゴット協奏曲として捨て難い魅力を有している。
 本ディスクは、ファゴット関係者や管楽器愛好家はもとより、若干毛色の異なる音楽や楽器の音色を楽しみたい一般ファンと、未知の曲を探索しているマニアにも一聴をお薦めしたい。
16 件



TOP