柴田克彦の音楽日記をイッキ見

佳きコンサートが多かった11~12月、中でも印象深い公演を備忘録的に記しておきたい。 <その1 11月1日~15日の公演>


柴田克彦 / 更新日:2021年1月17日


 当欄を長くサボっていたので、またも大きく後手を踏んでいるのだが、記録と報告を兼ねて、11~12月の特筆すべき公演を手短に記しておきたい。まずは11月前半から。



⚫︎水戸室内管弦楽団 第106回定期演奏会
2020年11月1日 水戸芸術館
 水戸室内管としては約9カ月ぶりの定期演奏会で、国内在住の弦楽器奏者のみによる指揮者なしでの公演。とはいえ錚々たる名手揃いだけに、サウンドも音楽も充実著しい。1曲目のブルッフ「コル・ニドライ」は、チェロの宮田大が濃密な音で雄弁なソロを奏で、祈りのような音楽をじっくりと染み渡らせる。次のベートーヴェンの弦楽四重奏曲第11番「セリオーソ」のマーラー編曲による弦楽合奏版は、ダイナミックかつ重層的な運びと精緻な綾で魅了する。後半のストラヴィンスキー「ミューズを率いるアポロ」は、表情こまやかで各舞曲の性格の描き分けが絶妙。公演を通して、弦楽合奏の醍醐味と水戸芸術館で聴くこの楽団ならではの魅力を満喫した。
⚫︎小山実稚恵「ベートーヴェン、そして・・・」第4回〈本能と熟成〉
2020年11月3日 Bunkamuraオーチャードホール
 当シリーズは、ベートーヴェンの後期ソナタ5曲と先人や後輩の作品のカップリングが特徴だが、今回は楽聖少年期の独奏曲およびピアノ協奏曲第0番と、中期の同第5番「皇帝」(共に変ホ長調)を並べて「本能と熟成」を示す内容。バックは山田和樹指揮/横浜シンフォニエッタが務めた。1曲目、11歳時のベートーヴェン最初の発表作「ドレスラーの行進曲による9つの変奏曲」は、各変奏が精妙に描かれ、才能の芽が優しく明示される。13歳時の(通称)協奏曲第0番は、同じく楽聖若き日の音楽が、粒立ちの良い音でチャーミングに綴られる。後半の「皇帝」は、前半各曲の後に聴くと、当然のことながら音楽の大きさや充実度の違いを痛感させられる。小山はダイナミックレンジが広大でニュアンス豊かな快演を展開。これはベートーヴェンと小山双方の熟成を実感させる実り多き公演だった。10月の第3回も本欄で取り上げたが、このシリーズは傾聴すべき演奏が続いている。
⚫︎ワレリー・ゲルギエフ指揮/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
2020年11月8日 ミューザ川崎シンフォニーホール
     11月9日 サントリーホール
 外来オーケストラ、大編成の舞台、満員の観客の全てを久々に体験した2回のコンサート。川崎公演は、プロコフィエフのバレエ組曲「ロメオとジュリエット」、同じくピアノ協奏曲第2番(ピアノ:デニス・マツーエフ)、チャイコフスキーの交響曲第6番「悲愴」というプログラムで、演奏効果抜群の「タイボルトの死」を含まない「ロメジュリ」に意外性を感じていたが、聴いてみると後半の「悲愴」に繋がる「悲」重視の構成がなされていることに気付く。「悲愴」も2004年の当コンビの凄絶な演奏ほどではないが、公演全体をコンセプト・プログラムとして面白く聴いた。また、それに沿ってか、変身したのか分からぬが、爆演ピアニストのマツーエフがリリカルな味わいを醸し出していたのにも驚かされた。そしてまたサントリーホール公演を含めて今回痛いほど感じたのは、日本のオーケストラとの根本的な音の質感の違い。しばらく日本のオケだけを聴いていると、海外一流楽団の“音のエネルギー”や“音楽する力”に今さらながら圧倒される。日本のオーケストラも健闘しているし、普段楽しむには十分な技量を持っている。だが単なる舶来志向ではなく、外来オーケストラの生演奏=音と音楽の文化の違いに触れる意義はやはり大きい。
⚫︎飯森範親指揮/日本センチュリー交響楽団 第250回定期演奏会
2020年11月12日 ザ・シンフォニーホール
⚫︎尾高忠明指揮/大阪フィルハーモニー交響楽団 第543回定期演奏会
2020年11月13日 フェスティバルホール
 声楽付きのオーケストラ公演とマーラーの大交響曲という、東京ではほぼ聴けない内容に惹かれて大阪へ遠征。普段首都圏から出ないこと夥しいので、関西の状況を垣間見ることや気分転換も兼ねていたのだが、成果は期待以上だった。
 まず日本センチュリー響のベートーヴェン「フィデリオ」(演奏会形式、全曲)が素晴らしい出来栄え。何より飯守範親の小気味良いテンポと軽やかにして明確なリズムが際立っていた。しかも全てがしなやかに歌われていくので、セカセカした印象を全く受けないし、「レオノーレ」序曲第3番の挿入(これを第2幕に挿入するのはいかがなものか?といつも思う)がなかったことも相まって、長さをまるで感じない充実の好演と相成った。生気と精緻さを兼備したオーケストラも大健闘。声楽陣はややムラがあったものの、レオノーレの木下美穂子、マルツェリーネの石橋栄実の女声2名と、ヤキーノの松原友が出色の歌唱を披露した。
 翌日の大阪フィルは、最近尾高が力を注いでいるグレース・ウィリアムズ「海のスケッチ」の精妙で瑞々しい演奏の後に、マーラーの交響曲第5番。6月以降の国内オケの公演では(多分)初めて接する16型の大編成演奏だ。ただし今これが可能なのはフェスティバルホールの広い舞台あってこそだろう。近年の尾高は“円熟のマエストロ”感が増す一方で、毎回力まずして濃密な音楽を聴かせているが、この日のマーラーもまさにそう。絶叫や爆裂を排したバランスの良い音作りで、緻密さとパワーと熱気十分の演奏を繰り広げた。オーケストラは多少の事故があったものの、同曲で重要なホルンの好奏が光った。
⚫︎ミューザ川崎シンフォニーホール&東京交響楽団 名曲全集 第161回
2020年11月14日 ミューザ川崎シンフォニーホール
 広上淳一の指揮で行われた本公演だが、矢代秋雄のピアノ協奏曲における小菅優のソロが圧巻の一語に尽きる。彼女は、強靭かつ柔軟な打鍵と雄弁極まりない表現で、楽曲の深奥を抉る凄演を展開。曲に内包された要素の膨大さと底知れぬ深みをまざまざと知らしめた。中でも第3楽章最後の鬼気迫るクライマックスは圧倒的。名作といわれるこの曲の“真の真価”が初めて明らかにされたと言っても過言ではない。

三世代の名ピアニストが魅せる三者三様の味わい


柴田克彦 / 更新日:2020年11月19日


藤田真央 ピアノ・リサイタル 2020年9月17日 東京オペラシティ コンサートホール 小山実稚恵 ピアノシリーズ「ベートーヴェン、そして・・・」第3回 2020年10月2日 オーチャードホール 河村尚子 ピアノ・リサイタル 2020年10月13日 紀尾井ホール



 相変わらずの「遅まきながら」だが、10月13日の河村尚子のリサイタルの後、「最近続けて“いいピアノ”を聴いたな」との思いに捉われたので、それら(3公演)を手短に記しておきたい。
 まずは藤田真央のリサイタル。彼は、2019年のチャイコフスキー国際コンクールで第2位を受賞後の活躍著しい今年22歳の俊才だ。プログラムは“ファンタジー”がテーマで、ベートーヴェン、チャイコフスキー、アルカン、ショパン、シューベルトの「幻想曲」系の曲が並んでいる。藤田の特長の1つは音楽の語彙の豊かさだろう。腕自慢の若手にありがちな「達者だけど、どれを聴いても同じ」といった感触とは正反対。多様な作曲家の作品それぞれの特性を描き分けながら、自己の表現を雄弁かつセンス良く打ち出していく。それゆえ曲ごとに聴く者を引き込み、トータルでの充足感ももたらす。中でも最後の「さすらい人幻想曲」は、全体の構築感と細部の緻密さとシューベルトならではの歌を共生させた密度の濃い快演で、特に感心させられた。彼のピアノは、若者らしい瑞々しさや力感がある上に、表現力とそのキャパシティが豊富で、音楽としてのクオリティが高い。これは今後への期待がさらに膨らむ一夜だった。
 対する小山実稚恵は、もはや日本の第一人者といえる存在。本公演は、2019年から行っているベートーヴェンの後期ソナタを中心としたシリーズの第3回で、プログラムには楽聖のソナタ第30番とバッハの「ゴルトベルク変奏曲」が並んでいる。このコンサートについては、「音楽の友」誌にレポートを書くのでここでは詳説しないが、いい意味で“力の抜けた”演奏に感銘を受けた。ベートーヴェンの最後の三大ソナタの中でも一番好きな30番は、力技を避けてほしい作品。その点今回の小山の“さりげなく味わい深い”表現は実に素晴らしい。「ゴルトベルク」はエッジの効いた表現やダイナミックな表現もままあるが、小山はここでも“力の抜けた味わい深い”演奏を聴かせる。その温かく優しく、しかも引き締まった音楽は、変奏ごとに自然な移ろいをみせながら、深く心に沁みこんでいく。彼女はいま、一段熟した境地に達しているようだ。
 最後の河村尚子は、二人の中間に位置する(やや藤田寄りではある)世代。いまや世界的な実力派と言っていい。彼女は全4回のベートーヴェン・ピアノ・ソナタ・プロジェクトを昨秋終えて、今回はモーツァルト、シューベルト、藤倉大、ショパンの作品が並ぶプログラムを用意した。河村は、自在のテクニックはもとより、生気と躍動感、言い換えればライヴ感やグルーヴ感のある音楽が大きな魅力。そこは今回も変わらずして、彼女もまたいい意味で“少し力が抜けてきた”感がある。最初のモーツァルト「トルコ行進曲付き」ソナタは、第1楽章の各変奏がどれもニュアンス豊かで、それぞれが存在感を主張する。その点をはじめ、たっぷりと弾かれた演奏によって、同曲が壮大な意欲作であることが明示される。2曲目のシューベルトのソナタ第13番は、タッチと情景の変化が絶妙。後半の藤倉大の「春と修羅」は鋭敏かつ鮮烈で、ショパンの各曲は音色と表情の多彩さが光っている。全体に強音の美しさが特筆されるし、何より各々の音楽の美点が精妙に表現されていくので、コンサートとしての充実度がきわめて高い。彼女もまた1つ熟達の段階に入っている……これまで以上に“巧まずして味わい豊かな”演奏を聴いて、そう感じた。
 約1ヶ月の間に、若手、ベテラン、中堅の各世代を代表するピアニストの好リサイタルに触れて、その時期(年齢)でこそ可能な音楽表現の魅力と、名手ならば必然ともいえる深化の妙を、一挙に体感した思いだ。

再演の意義を自らに問い直す刺激的な舞台


柴田克彦 / 更新日:2020年9月30日


モーツァルト:歌劇「フィガロの結婚」~庭師は見た!~ 2020年9月19日 ミューザ川崎シンフォニーホール



 2015年に全国で上演された、野田秀樹演出、井上道義指揮・総監督による「フィガロの結婚」の再演。幕末に舞台を移した上に、登場人物が外国人と日本人に分けられた、“読み替え”演出によるオペラだが、前回とは異なる感触を得ることとなった。
 演劇的な事項に触れる知識は持っていないし、読み替え演出に対しては全否定も全肯定もしない。かなりの顰蹙を買った、例えばコンヴィチュニー演出の「アイーダ」やカタリーナ・ワーグナー演出の「フィデリオ」等は意外に面白く感じたが、腹が立った演出(演出家の自己顕示に終始する舞台や、音楽の力を軽視した舞台)も少なからずある。ではこの「フィガロ」はと言うと、2015年に観た時は、イタリア語と日本語の混在、登場人物がみな双方の言葉がわかる点(幕末にイタリア語が飛び交い、しかも日本の使用人が即座に理解する……)、スザ女やフィガ郎といったネーミング等に違和感を感じたし、海外勢と日本勢が遊離して音楽自体の居心地が悪く、スザ女役の小林沙羅の好演ばかりが印象に残ったように記憶している。
 ところが今回は、それらの違和感(本来どれもこの舞台の肝であろう)を面白く感じ、音楽的にもまとまった印象を受けた。本演出の在り方を既に知っていること、一度観て多少慣れていることも要因であるに違いない。しかしながら全体の流動性や各人の絡み方が明らかに良化している。嫌になるほど記憶力が乏しく、細かい部分はまるでわからないが、演出も手直しされているのだろう(ラストの伯爵夫人の行動はインパクト十分で、なるほど!と感心させられたが、前回あった記憶が全くない……)。それに2度目となればあらゆる方面の問題点が大なり小なり改められているであろう。そのせいか今回は、登場人物の動きや台詞のみならず、大道具・小道具までもが生きており、やりとりもスムーズで、弛緩することなく進む。おかげで、モーツァルトの音楽の良さと本舞台独自の妙味を併せて楽しむことができたし、再演の意義を改めて見直すことにもなった。
 もちろん井上道義をはじめとする演奏陣の好演も大きい。中でも、来日不能の海外勢に代わって出演した外国人役3人─伯爵役のヴィタリ・ユシュマノフ、伯爵夫人役のドルニオク綾乃、ケルビーノ役の村松稔之─の健闘が光った。彼らの誠実な演唱には、代役の自分らが頑張って何とか舞台を成功させようとの熱意が感じられたし、外見的な存在感もあるので、意図された異質性の効果がナチュラルに発揮される。特にカウンターテナーの村松の妖しさは出色。また歌手全員の粒(水準)がかなり揃っている点もモーツァルトのオペラに相応しい。川崎公演のみ受け持つ東京交響楽団はやや粗さをみせながらも生き生きと演奏し、特に表情豊かなオーボエやファゴットが耳を奪う。
 加えて本公演では、歌手たちが不自然な距離をとることなく、平時と同じように触れ合いながら進む点が特筆される。出演者のみならず舞台に関わる全員がPCR検査を受けて臨んだとのことだが、非日常の楽しみの最中に不快な現実を想起させないこの姿勢は、大いに評価したい。
 当舞台は、10月18日に北九州芸術劇場、10月30日と11月1日に東京芸術劇場でも上演されるので、興味ある方はぜひご観戦を。

25 件



TOP