柴田克彦の音楽日記をイッキ見

久石譲が指揮するクラシックはどれも面白い!


柴田克彦 / 更新日:2020年3月30日


久石譲 指揮/東京交響楽団  ストラヴィンスキー「春の祭典」(CD)  久石譲が指揮するクラシックはどれも面白い!



新たな形の「(コンサート)日記」を考えていたところ、コンサート自体がほとんどなくなってしまった。ゆえにここでCDの話題を1つ。ご紹介したいのは、久石譲が東京交響楽団を指揮したストラヴィンスキーの「春の祭典」(2019年6月のライヴ録音/オクタヴィア)だ。
 作曲家として名高い久石だが、近年はクラシックの指揮者としての活動も目覚ましい。2016〜18年にフューチャー・オーケストラ・クラシックス(旧ナガノ・チェンバー・オーケストラ)を指揮して行ったベートーヴェンの交響曲全曲演奏は、ライヴCDともども高評価を獲得。今年2月にはブラームスの交響曲シリーズもスタートし、大きな注目を集めている。
 そうしたシリーズでは、30代の実力者を中心とした特別編成のオーケストラが、久石のアプローチにシンパシーを寄せながら、表現意欲を前面に出した演奏を展開している。そこで謳われた「ベートーヴェンはロックだ!」の文言は、一面を表したキャッチ的なものとはいえ、1つの方向性を示しているのも確か。すなわち、既成概念に囚われないアクティブなアプローチを、その意を汲んだ精鋭たちが全力で音化していく点に、格別な魅力があった。
 しかし今回の演奏は、東京交響楽団という既存のオーケストラ。しかも「春の祭典」は、「そもそもロックのような」もしくは「ロックに影響を与えた」作品だけに、ベートーヴェン同様の鮮烈さを実現できるかどうかがポイントとなる。
 結論から言うと、これもまたあらゆるフレーズが生命力を放ちながら躍動する快演だ。まずは緻密な解析で再構築された音のバランスが実に新鮮。ベートーヴェン演奏の肝は明確な“リズム”にあったが、今回も同様で、激しい場面はもとより、遅い場面での鮮明なリズムがこれまでにない感触をもたらしている。  
 以下、曲を追って注目点を。第1部は、冒頭から様々なフレーズが生き生きした表情で奏される。ここがすでに耳新しい。テンポを速めた後はキビキビと進み、リズム自体が音楽を語っている。もう1つ注目したいのが、キレの良いリズムの上で奏されるレガートなフレーズが、きわめてしなやかである点。この共生も特筆物だ。むろん最後の畳み込みも凄まじい。第2部前半の静かな部分もバックのリズムの明晰さが耳を奪う。11連打から後はソリッドな動きで緩みなく進行。緊迫感を保ったまま一気に終結する。全体を通して、東京交響楽団の技量と反応も素晴らしい。 
 本作は、指揮者、いや“音楽家”久石譲の凄さをまざまざと示している。ベートーヴェンの全集も多くの方に聴いてほしいし、今年始まったブラームスのシリーズも実に楽しみだ。


新国立劇場「ラ・ボエーム」 2020年1月28日 新国立劇場「セビリアの理髪師」 2020年2月6日 新国立劇場のレパートリー演目で好演が続く。


柴田克彦 / 更新日:2020年2月25日


日々の切迫事項にかまけて「日記」というにはあまりに記述が少ないので、これから新たな形を考えているのだが、その前に遅ればせながら触れておきたいのが、新国立劇場のレパートリー物で好演が続いたこと。同劇場の公演というと(特に専門筋は)どうしても新制作だけに目を向けてしまう。しかし日常的なスタンスでオペラを楽しめるのも、こうした常設歌劇場ならではの魅力。それを改めて思い起こさせたのがこの2公演である。



 1つ目はプッチーニの「ラ・ボエーム」(夜のフィルハーモニア管公演の前に観た)。今回が通算6回目となる定番プロダクションだ。これはまずパオロ・カリニャーニの指揮が光る。音楽に躍動感と精彩があるし、メロディの抑揚や強弱のバランスが的確なので、美しさや哀しさがストレートに届けられる。東京交響楽団も表情豊かな演奏で大健闘。歌手陣も平均水準が高く穴がない。中でもムゼッタ役の辻井亜季穂(テューリンゲン州立歌劇場を経てヴュルツブルク歌劇場の専属歌手として活躍中)が印象的。第2幕で嬌声を発するタイプのムゼッタではないが、芳醇かつソフトな歌声で物語に佳きアクセントを付けた。粟國淳の演出は、ゼッフィレッリの舞台をクローズアップしたような至って具象的なもの。本作を初めて観る人、あるいはオペラを初めて観る人にも安心してお薦めできる。
 おつぎはロッシーニの「セビリアの理髪師」。これも今回が通算5回目となるプロダクションだ。こちらは何と言っても、ルネ・バルベラ(アルマヴィーヴァ伯爵)、フローリアン・センペイ(フィガロ)、パオロ・ボルドーニャ(バルトロ)と揃った世界のロッシーニ上演の最前線にいる歌手陣が威力を発揮した。中でもセンペイとボルドーニャは声量も表現も圧倒的というほかない。バルベラは最初やや弱めな感もあったが、最後の最後に(割愛されるケースも少なくない)超絶アリアを歌うのでやむを得ないか……。しかし徐々に調子を上げ、最後のアリアは見事に歌いきった。ロジーナ役の脇園彩も同役を得意とするだけあって自在の演唱。加えてベルタ役の加納悦子も充実の歌唱を披露するなど、隅々まで万全だ。アントネッロ・アッレマンディが指揮する東京交響楽団も音楽の愉しさを過不足なく表現。素晴らしい歌手陣と共に、“名旋律の連鎖”ともいえるこの作品の魅力を十分満喫させた。ヨーゼフ・E. ケップリンガーの「フランコ政権下の1960年代」に置き換えたという演出は、回転舞台の回し過ぎなど落ち着かない面はあるものの、様々な仕掛けが同時多発的にあって、これはこれで面白い(すでに5回目の舞台なのでそこは深入りしないでおく)。
 いずれにせよ、かような好演が続けば、新国立劇場のレパートリー物を(個人的にも、おそらく聴衆全般も)また観たくなるのは間違いない。


エサ=ペッカ・サロネン指揮/フィルハーモニア管弦楽団 2020年1月24日 東京芸術劇場


柴田克彦 / 更新日:2020年1月27日


オーケストラ・ファンは必聴!



 これは感想を書くよりもまず残る2公演(1月28日、29日)へ足を運んでほしいと願うばかりだ。2020年シーズンをもって音楽監督を退任するサロネンとフィルハーモニア管の集大成的なコンサート。初日の1月23日と翌24日の都民劇場公演を聴いたが、サウンドも音楽もとにかく凄い! 弦楽器も管楽器も有機的に鳴り切っているし、「春の祭典」の“コントロールされた爆音と実在感のある弱音”には恐れ入った。音楽自体も、明晰さとパッションを併せ持つサロネンの真骨頂。オーケストラ好きは絶対に聴き逃してはならない!と断言していい。えらく短いが、ともかく今は一報を。


東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団 第330回定期演奏会 2020年1月18日 東京オペラシティ コンサートホール


柴田克彦 / 更新日:2020年1月27日


高関健&シティ・フィルが充実を明示する好演を展開。



 高関健が常任指揮者に就任して5年、東京シティ・フィルは稀代のオーケストラ・ビルダーのもとで着実に実力を高め、毎回密度の濃い演奏を展開している。機能性も目に見えてアップしているが、皆の音楽に対する気構えがいい。1つ1つの音をないがしろにせず、全力で音楽を表現しようという姿勢が感じられるので、コンサートに足を運んだ甲斐が確実にある。
 この日は、2019年に生誕100年、2020年に没後30年を迎えた日本オーケストラ界の育ての親、渡邉曉雄へのオマージュ的なコンサート。渡邉が発案した邦人作品委嘱企画「日本フィル・シリーズ」によって生まれ、渡邉の指揮で初演された、現代日本音楽の古典的名作が2曲と、フィンランド人を母に持つ渡邉が終生力を注いだシベリウスの代表作が披露される。前後半ともに濃密で歯ごたえのある、高関ならではの充実プログラムだ。
 1曲目の柴田南雄「シンフォニア」から、各音各フレーズが生きた雄弁な演奏。こうした“現代作品”を、曲の本質を保ちながら明快かつ生気に富んだ表現で聴かせるのは、容易ではないであろう。2曲目は矢代秋雄の「交響曲」(メインでも不思議ない同曲が前半というのも意欲的だ)。これまた隅々まで目配りの効いた真摯かつ抑揚に富んだ演奏で、古典的な側面、モダンな側面、さらには日本的な面やフランス的な面も隈なく表出し、同曲が日本を代表する名交響曲たることを見事に証明した。後半はシベリウスの交響曲第2番。丁寧に構築しながら音楽全体の感興も十全に表現した演奏は、渡邉曉雄を彷彿させる面もあるし、現在の高関&シティ・フィルの佳き特徴を表してもいる。
 かくして充足感の高い公演を堪能した。が、、、お客さんが少ない。原因は1つではないであろうが、物理的に明白なのは土曜の午後にオーケストラ公演が集中していること。この日も、エッシェンバッハ&N響、上岡敏之&新日本フィル、小林研一郎&日本フィルの各定期と、神奈川フィルの音楽堂シリーズが同時間帯に行われている。昨年11月の土曜には在京8オーケストラが全て演奏会(自主公演だけではないが)を開いた日もあった。かなり前から言われていることだが、これはどうにかならないものか……。各オーケストラにそれぞれファンがついているし、例え重なろうとも土曜の午後に断然お客さんが集まるとの考えも根強いだろうが、オーケストラ好きが複数の公演をあきらめざるを得ないのもまた事実。5つの内3つは金曜にも同じ公演を行ってはいるのでそこに1つ回したとしても、3公演は絶対に聴くことができない。実際筆者も、物凄く聴きたかった上岡&新日本フィルを泣く泣くあきらめた。しかし解決策が思いつかない。正直に言って、名曲コンサートはともかく、定期演奏会を別の曜日(特に月曜~水曜)に行うのが一番の解決策なのだが、民間の団体がそんなリスクをしょえるのか? オーケストラ連盟などが一括管理して配分する手もあるが、権限を行使できるかどうか疑問だし、できたとしてもホールどりや指揮者などのスケジュールの問題が絡むので至難を極めるだろう。首都圏全ホールの計画を調整する大プロデューサー的な人がいるといいが、これはもっと有り得ない。やはりどこかに思い切って曜日変更(せめて日曜午後とか)してもらうしかないか……。


がんばろうナガノ! チャリティ・リレー・コンサート 2019年12月19日 銀座NAGANO2階イベントスペース


柴田克彦 / 更新日:2019年12月24日


デュオ・ドゥ・フルール(中村ゆか里&里奈/ヴァイオリン二重奏)が愉しいひとときを与えてくれた。



 これはホールにおける通常の公演ではなく、この12月から銀座NAGANO(長野県のアンテナショップ。銀座すずらん通りにあります)で開催されている30分ほどのミニ・コンサート。台風19号の被災地支援のために、長野県出身者を中心としたプロ・アーティストが交替で行う無料の公演で、心あらば場内の募金箱に寄付する形になっている。
 「デュオ・ドゥ・フルール」の二人(姉妹)も長野市生まれ。姉の中村ゆか里はパリ音楽院、妹の中村里奈は東京藝大の出身で、それぞれソロ活動(TVなどでも活躍)をしながらヴァイオリン・デュオを組み、ザルツブルク=モーツァルト国際室内楽コンクールで第2位を受賞するなど、かなりの実績をあげている。いわゆる“美人姉妹デュオ”なのだが、二人とも腕前は確かで実力差がないし、若干キャラクターが異なるので、デュオとしての魅力も十分だ。
 この日は、ルクレールの二重奏ソナタ、ヴィヴァルディの「四季」の短縮バージョン(10分ほどで四季を巡る好編曲)、モーツァルトのヴァイオリンとヴィオラの二重奏曲、クリスマス・ソング・メドレーに、アンコールで「真田丸のテーマ」を披露。バラエティに富んだプログラムで、約40分間大いに楽しませてくれた。二人は、こうしたイベントスペースでの短い演奏でも、全力で音楽を表現して聴く人を最大限楽しませようという真摯な心意気を感じさせる。何よりそこがいい。正直言うと知人が関係した企画ゆえに足を運んだのだが、音楽的な充足感も十分あって、なんか得した気分だ。
 銀座NAGANOでは、1月以降も月に何回か同様の公演(出演者は毎回変わるはず)が行われるとのこと。デュオ・ドゥ・フルールともども気にかけておきたい。
 

11 件


TOP