ヴェルビエ音楽祭特集へ
青澤隆明の音楽日記をイッキ見

ひしゃげた英雄のポロネーズ -ドアーズとショパン (青澤隆明)


青澤隆明 / 更新日:2021年9月12日


ドアーズのなかに現れる、ショパンの英雄ポロネーズ。CD◎The Doors “L.A.Woman”(elektra,1971)



 このところ、毎晩眠る前にドアーズを一枚ずつ順に聞き直していて、今夜が6日目で、つまり『L.A.ウーマン』だった。ジム・モリソンがいるドアーズの最後のオリジナル・アルバムだ。ドアーズのアルバムは35分とかここまでどれも短めだけれど、このアルバムは50分ある。

 このアルバムの7曲目に「ヒヤシンス・ハウス」という奇妙な曲があって、不幸をにおわせる歌詞がへんに牧歌的に歌い上げられる。1970年12月から翌年1月の制作だが、ドアーズはもうライヴ活動はやめていた。本作を通じて、ドアーズの4人に、ジェリー・シェフの見事なベースがぽんぽんと弾力をもって加わっているが、それがこの曲ではレイ・マンザレクのオルガンとともに不思議と浮遊感のある明るさを出していておかしい。

 ジム・モリソンのリリックとヴォーカルはいつものように、どこかここではない場所から聞こえてくるうえに、ロックスター然としているのではなくもっと素の人間くさく、音像もぼんやりしたエコーに包まれている。 ヒヤシンスはギリシャ神話でいうアポロの若い愛人ということになるのだろう。ぼくには真新しい友人が必要なんだ--とその詩はたんたんと歌いかける。自己憐憫の感傷的な抒情にもとれるが、曲も音も声も朗らかで、まったくべっとりはしていない。

 おまけに奇妙に歪んだ感じを添えるのは、レイ・マンザレクがオルガン・ソロに素っ気なく平明にショパンの「英雄ポロネーズ」 変イ長調 op.53を練り込んでいること。なんのドラマティックな感じもなく、盛り上がりすらなく、どこ吹く風、みたいな感じで行進させていくところだ。ただ指がそっちにいった感じで織り込まれただけかもしれないけれど、メリーゴーラウンドで流れる自動演奏みたいに聞こえる。

 その陽気さが不吉な感じをにおわせるし、そもそもこの歌が聴きようによってはひどく悲しく、あるいはばかばかしいほど空々しい。なにかがおかしいまま歌い出され、なにかがおかしいままだ。「英雄ポロネーズ」もあっさり通り過ぎる。居心地がわるいままに、あっけなく曲は終わる、“In the end”の一言で明るく軽く結ばれて。よくわからない。だから、うすら怖い。まさにドアーズである。

花火 か - ストラヴィンスキーからドビュッシー、そしてラヴェルへの前奏曲(青澤隆明)


青澤隆明 / 更新日:2021年9月10日


季節のうた、花火。ドビュッシーの「花火」、そしてラヴェルのピアノ協奏曲。CD◎サンソン・フランソワ (pf)、アンドレ・クリュイタンス指揮 パリ音楽院管弦楽団 (1959年録音、EMI/Warner)



 さて、ドビュッシーである。ぼくにとって、「花火」といえばまず、ドビュッシーの『前奏曲集』第2集の終わりのこのピアノ曲だ。

 ちなみに、ドビュッシーの「花火」の始まりも、どこかストラヴィンスキーの「花火」に通じるように思えてならない。花火は花火なんだから、それはそうだろう、という気はするが、この点においてはかぶりをまったく気にしてはいない。少なくともわるいほうにはとっていない。

 さらに、ぼくの個人的な意見を言えば、ラヴェルのピアノ協奏曲の始まりもストラヴィンスキーの「花火」の始まりに、終楽章の始まりと終わりはその終わりによく似ている。たとえば、サンソン・フランソワとアンドレ・クリュイタンス指揮パリ音楽院管弦楽団の1959年夏の録音などを聴くと、時代のにおいもあって、幕開けの雰囲気からしてとても近い感じがする。なにかのコンサートで両曲を続けて演奏すればいいのに、と思うくらい。

 もっとも、わりとシンプルな開始と終結のパターンだから、どうしたって似てしまうのかもしれないけれど、どうなんだろう? ストラヴィンスキーと、ドビュッシー、ラヴェルの間のことなのである。それはさておき、これらの曲に明滅する光の鮮やかさはどうしたって花火のように輝いてみえるし、ドンという音はどうしたってなにかの打ち上げ、あるいは打ち止めを想わせる。

 いずれにしても、20世紀初頭の光明と躍動という感じはとてもする。打ち上げ花火はいつできて、どのあたりから王宮を出でて市民の祭りにも使われるようになったのだろう?

花火 わ - 終わりと始まりの間奏曲、ストラヴィンスキー没後50周年に(青澤隆明)


青澤隆明 / 更新日:2021年9月9日


季節のうた、花火。ストラヴィンスキー没後50周年に。



 思いがけず、ストラヴィンスキー初期の幻想曲「花火」からの連想が続いた。

 べつに聴き比べをしたいわけではなかった。もっと私的なことを綴るつもりだった。なのに、なりゆきで7発は打ち上げないといけない感じになってしまったのだ。

 ストラヴィンスキー、ストラヴィンスキー、インバル、パーヴォ・ヤルヴィ、ブーレーズ、小澤、マゼール。……まだ思い浮かぶけれど、いったんこのへんで打ち止めにしておこう。

 さて、この曲での花火の数えかたがこれでよいのかはわからないけれど、大玉が7発だとすると、まさに曜日みたいだ。最後の一発は打ち上げたところで終わる。これまで打ち上げ前や空を上がっていくところや火花が舞い落ちてくる様子を描いてきたのに、ここではドン!で締められる。

 つまり、終わりではなく、始まりということだ。始まりで終わって、それからのことは音楽が終わった後に続くのである・・・。
199 件



TOP