青澤隆明の音楽日記をイッキ見

光について-ふたつの夜の物語(Ⅱ)/ 新国立劇場の『夜鳴きうぐいす』と『イオランタ』


青澤隆明 / 更新日:2021年4月10日


ストラヴィンスキーとチャイコフスキー。前項のつづき ◇新国立劇場オペラ『夜鳴きうぐいす/イオランタ』(2021年4月6日14時開演、新国立劇場 オペラパレス)



 ストラヴィンスキーの『夜鳴きうぐいす』とチャイコフスキーの『イオランタ』の二本立ての新制作上演は、新国立劇場芸術総監督を務める大野和士の構想ときくが、まさしく慧眼といってよい。というのも、ストーリーもこの春に沁みるものだけれど、それにも増して、ロシアの先達と高進ふたりの偉才の書いた音楽の素晴らしさがそれぞれに際立った。

 『夜鳴きうぐいす』は1908年に第1幕が作曲された後、『春の祭典』をまたぎ、したがって前幕と様式も異なる第2幕と第3幕が14年までに書き足された。『イオランタ』は、チャイコフスキー自身が原作戯曲の露訳に惹かれ、作曲家の弟モデストがリブレットを書いた。1891年から作曲され、翌年にバレエ『くるみ割り人形』と合わせて初演された。そういう時代差だが、ここで先に演じられるのは20世紀初頭の作品、というのがまた効果を上げた。なんというか、ロマンの帰郷という感じがしてくる。

 中国の皇帝の前で夜鳴きうぐいすが披露する歌は、同じ年代に書かれたドビュッシーの「シランクス」と、とてもよく似通った音楽に聞こえる。そして、チャイコフスキーの最後のオペラは随所に同工の交響曲第5番に通じる引き締まった律動を伝えている。

 指揮者も歌手の大半も代役による上演で、演出もリモートで行われたということだが、まさしくこの機にみられてよかったと思える舞台を実現していた。高関健の指揮はきっちりと音楽の造型を導き、東京フィルハーモニー交響楽団も機能的な巧みさを発揮して、引き締まった姿に、異なる様式を通じて音楽と表現の熱量を宿していった。歌手には急場ゆえかばらつきもあったが、それぞれのタイトルロール、夜鳴きうぐいす役の三宅理恵が輝きを放ち、イオランタ役の大隅智佳子がプリ・マドンナとしての立ち姿を堂々と示した。両作に連続登板のヴィタリ・ユシュマノフ(侍従/ムーア人名医)、山下牧子(死神/マルタ)が適確に舞台を引き締めていた。

 演出のヤニス・コッコスは美術と衣装も手がけて、視覚面でもトータルなコーディネイトをはかった。ストラヴィンスキーばりのカラフルなステージングのなかでは、「小さな灰色の鳥」も見た目それほど地味な出で立ちはとらない。「灰色」の世界は逆に、高貴な地位をまだ知らずにいる「イオランタ」の夜に視覚的にも持ち越される。高貴と純粋は、ふたつのタイトルロールの芯に抱かれたものだ。

 ヤニス・コッコスのダブルビルの演出は、言ってみれば、ストラヴィンスキーでは外見的な誇張を賑やかに、チャイコフスキーでは内省的な余白を瞑想的に、対照性をつよく打ち出しつつ、両作を重ねることで、病魔や闇夜に打ち克つ信の物語をくっきりと告げることに成功していたのではないかと思う。オペラは大きな色彩のキャンバスとなるが、そこに浮かび上がってくるのは病や闇からの治癒を求める心の情景でもある。その光の筋が巧みに描き出されていた。

 「おはよう」 

光について-ふたつの夜の物語(Ⅰ)/ 新国立劇場の『夜鳴きうぐいす』と『イオランタ』


青澤隆明 / 更新日:2021年4月10日


ストラヴィンスキーの命日に。新国立劇場オペラ、新制作の二本立てを観て。◇新国立劇場オペラ『夜鳴きうぐいす/イオランタ』(2021年4月6日14時開演、新国立劇場 オペラパレス)



 4月6日はストラヴィンスキーの命日、そして今年2021年は没後50周年ということだが、そんなことも忘れて、この日の午後、オペラ『夜鳴きうぐいす』を観ていた。二本立て上演のもう一作はチャイコフスキーの『イオランタ』。新国立劇場での2日目の上演にあたる。

 『夜鳴きうぐいす』は、「おはよう」で結ばれる美しいオペラ。そして、『イオランタ』は光に目覚めていく真実のオペラ。ストラヴィンスキーは初期のオペラ、チャイコフスキーは最晩年作にして最後のオペラだ。

 『夜鳴きうぐいす』の初演は1914年、パリのオペラ座でモントゥー指揮バレエ・リュス。『イオランタ』のほうは、バレエ『くるみ割り人形』との二本立てで、1892年、ナープラヴニークの指揮により、サンクトペテルブルクのマリインスキー劇場で上演された。

 メルヘン・タッチのロシア語オペラのダブルビルだが、原作を書いたのはハンス・クリスチャン・アンデルセンとヘンリック・ヘルツという19世紀デンマークの両雄。アンデルセンが『即興詩人』で描いた少女の物語は、ヘルツが戯曲『ルネ王の娘』で脚色した王女に繋がる。イタリアで旅をともにしたふたりは、盲目のロマの少女に出会っていたのだという。

 ストラヴィンスキーのオペラは「アンデルセンによる3幕の抒情物語」で、病気から皇帝を救うのはナイチンゲールの歌、つまり自然から出た芸術の力でもある。「おはよう」と中国の皇帝が唱え、語り部たる漁師の歌が喜びを歌って、調性的に平穏を美しく広げる幕切れから、休憩をはさんで、チャイコフスキーの「イオランタ」でたっぷりと調性的な豊穣に触れることができる。そこは、美と愛を純真にみつめる作曲家のつよい夢の世界でもある。

 ふたつの夜の物語は、光についての寓話でもあった。

(つづく)

ぜんぶCだった。- 藤田真央のモーツァルト・ツィクルスのはじまり


青澤隆明 / 更新日:2021年4月7日


藤田真央 モーツァルト ピアノ・ソナタ全曲演奏会 第1回 ~清らかな始まり~(2021年3月28日、王子ホール)◇モーツァルト:ピアノ・ソナタ 第7番 ハ長調 K309、フランスの歌「ああ、お母さん聞いて」による12の変奏曲 ハ長調 K265、ピアノ・ソナタ 第16番 ハ長調 K545、6つのウィーン・ソナチネ 第1番 KV439b、ピアノ・ソナタ 第1番 ハ長調K279、ピアノ・ソナタ 第10番 ハ長調 K330



 藤田真央がモーツァルトとの仲をぐっと深めている。ピアノ・ソナタの全曲演奏会を5つのプログラムで展開していくが、この春の幕開けは「清らかな始まり」。

 4つのピアノ・ソナタに、変奏曲と編曲ものを交えて構成は多彩だが、いっぽう主調はぜんぶハ長調! そうとうな自信がなければ、こんなプログラムは披露できないだろう、と思うところだけれど、それを存分に楽しんでしまうのが藤田真央なのである。

 最初に弾かれたソナタK309から、フォルテピアノを意識したような音色も用いて、弱音を存分に味わうように、やわらかな感興を謳い上げる。王子ホールはこれにぴったりで、彼がいま遠慮なく弾きたいように繊細な表現がとれる。

 そこから、日米でいう「きらきら星変奏曲」K265、「小さなソナタ」K545、「6つのウィーン・ソナチネ」第1番までが前半。くつろいでピアノを弾くのを楽しむような演奏を聴いていると、とてもプライヴェートな響きの空間にいる心地よさがあった。

 後半はK279とK330というソナタ2曲の組み合わせ。親密さはあれど、前半とは少々趣きが異なり、もっとコンサートっぽい感じもした。アンコールには、ハ長調から全音下がって、変ロ長調ソナタK281をまるごと。

 聴きおえて思ったのは、単純に、楽しかったなあ、というのと、この「清らかな始まり」から、藤田真央のモーツァルトがどんなところへと歩んでいくのか、旅のつづきをみたくなった。
161 件



TOP