青澤隆明の音楽日記をイッキ見

真昼の一大事、ランチタイムのベートーヴェン。-トッパンホールにひさびさに 


青澤隆明 / 更新日:2020年7月28日


◎ランチタイム コンサート Vol.103〈ベートーヴェンに挑む 1〉大塚百合菜(ヴァイオリン)& 原嶋 唯(ピアノ)(2020年7月22日、トッパンホール)



 緊急事態宣言が解除されてから、ここまでオーケストラやマネジメントが主催するコンサートをいくつか聴いてきたが、ホールの主催公演も少しずつはじまっている。ひさびさにトッパンホールを訪ねたが、ぼくにとってはニューイヤーコンサートを聴いて以来の半年ぶり。ホールとしては2月末以来となる再開公演は3月から延期された、もともとハーフ・プログラムのランチタイムコンサート。若手が〈ベートーヴェンに挑む〉シリーズの初回にあたる。

 改めて言うまでもなく、トッパンホールはヨーロッパの名手を多く招いてきたが、もうひとつ日本人演奏家に関しては、主として若手に成長の場を提供するスタンスを掲げている。そのエントランスとなるのが、チェンバー・オーケストラと、このランチタイムコンサート。べつに記念年にこだわらずとも、ふだんからベートーヴェンを重視してきたこのホールが今回ヴァイオリンとピアノのデュオ・ソナタを託したのは、ヴァイオリンの大塚百合菜とピアノの原嶋唯。

 曲は第3番変ホ長調op.12-3と第7番ハ短調op.30-2という、調性的にみてもベートーヴェンが力を籠めた2作のデュオ・ソナタ。大塚百合菜と原嶋唯のデュオは、作品に正面から向き合って、ていねいな演奏を聴かせていった。きちんと準備してきたことがよくわかるし、どちらかというと名手が手練れで弾くのを聴かされる機会も多いので、その意味では瑞々しさが真率に感じられた。春先以来のモティベーションを保つことも、ただでさえこの曲目での晴れ舞台であることも、さらにはソーシャル・ディスタンシングの配慮から客席も疎らという特異な環境もあってだろう、弾き手の緊張がそのまま伝わってきてしまうところもあったが、それでもできることをきちんとしようとする折り目正しさがよかった。

 聴き手としても、こんなにゆったり、というか、がらんとしたコンサートはめずらしく、このホールの主催公演だとほぼ満席ばかりだから、まず体感できない。フルで408席のところ、ざっと100人に満たないくらいだったろうか。それだけ音はよく伸びるし、ふだんから親密な響きであるうえに、生々しさもくっきりと増す。そうしたなかで、真面目な取り組みをまっすぐに聴かせてもらうと、こちらも背筋が伸びるというのか、自ずと清々しい気持ちになってくる。また、ここで聴けてうれしい、という気持ちも確かにある。

 もともと予定されていた意欲的なラインナップは、昨今の状況を受け、秋からの20周年シーズンに入ってもなかなか実現は難しそうにみえるが、こうして若手にとっての道場的な役割が保たれれば、トッパンホールの主催公演はもうひとつの柱の意義をしっかりと将来に繋ぐことになるだろう。

ふつうでないなか、ふつうのことをかなえる。-小林研一郎指揮 読響のモーツァルトとベートーヴェン


青澤隆明 / 更新日:2020年7月28日


◎読売日本交響楽団 特別演奏会 指揮:小林研一郎 ヴァイオリン:三浦文彰 (2020年7月21日、サントリーホール)



 読響7月の《特別演奏会》のしめくくりは、協奏曲を前半においたフル・コンサートのスタイルで、特別客演指揮者の小林研一郎が指揮するモーツァルト&ベートーヴェン。コンチェルトではなかなか距離が開けにくいとしても、指揮者がマスク着用のままで前後半を通したのはちょっとした驚きだった。かといって、どうこう言うことでもない。80歳のご高齢でもあるし、安心して演奏できることがなにより重要なのだろう。

 モーツァルトのヴァイオリン協奏曲K.219、後半がベートーヴェンの交響曲第7番op.92というイ長調プログラム。オーケストラが瑞々しく、小編成でも充実した響きを奏でるなか、三浦文彰のヴァイオリン独奏がしっかりと聴かせた。ベートーヴェンの第7番も大きなつくりで、腰を据えて歩む。小林研一郎の指揮の明快な表情づけが、安定した構えに情熱を籠めていった。コンサートマスターの日下紗矢子をはじめ、アンサンブルをきちんと築こうと集中するオーケストラの意志がつよく伝わってきた。

 アンコールは小林研一郎お得意の「ダニーボーイ」。アイルランド民謡の素朴な旋律が中低音域からじっくりと歌い上げられると、その弦の響きの厚みが感情の濃さとして、ダイレクトに胸に迫ってきた。正直に明かすなら、ぼくにとってのこの日のハイライトはやはりこの歌ということになる。まっすぐに熱く歌い込まれて、ほんとうにいい響きだった。

 もっともふつうで保守的とみられる名曲プログラムを3本の 《特別演奏会》のしめくくりにもってきた読響は、平時よりもさらに穏やかな平時への回帰を祈るようにみえた、というふうにも言える。奏者の距離を広めに保ちつつ、というのはいまのオーケストラの地力あってこそのことだが、読響はどの指揮者のもとでもまとまりある響きをかなえていた。

藤倉大の三味線協奏曲を、本條秀慈郎の独奏で。-大野和士指揮都響スペシャルのつづき


青澤隆明 / 更新日:2020年7月29日


藤倉大の三味線協奏曲のことを、もう少々。 ◎ 東京都交響楽団「都響スペシャル」 指揮:大野和士 三味線:本條秀慈郎 (2020年7月19日、東京文化会館)



 大野和士と東京都交響楽団のこの夏の「都響スペシャル」について、書き足りないことがある気がするので、もう少しだけ。大野と都響は、ベートーヴェンの初期交響曲2作を続けただけでなく、コープランド、デュカス、プロコフィエフ、メンデルスゾーン、藤倉大と、たった2つのショート・プログラムに、多様な時代や地域の作品を巧みに凝縮してみせた。

 2管編成をベースに考えていくと、どうしたって曲目に限りが出てくるし、やはり知恵を絞らないと、コンサートを久しぶりに生で聴いた、という感銘だけではそうそう長くはもたないだろう。裏を返せば、そんなふうに思うくらい、少しまえまではいろいろな作品をふんだんに聴けていたということでもある。だから、ベートーヴェンの記念年を活かしつつも、こうした多様なプログラムを編んで、オーケストラの能力の高さをきちんと示した大野と都響の取り組みはやはり頼もしかった、と後に振り返ることになるのだろう、きっと。

 さて、そのなかでもぼくがとりわけ新鮮な感銘を抱いた、というか、はっとして、自由な息づかいが広がるのを強く感じたのは、藤倉大の三味線協奏曲だった。この夏のコンサートではさほど新しくはない作品ばかりを聴いてきたところへ、藤倉のこの最近作では、オーケストラの響きの明朗な伸びやかさがとても清新に、しかもストレートで自然に感じられたのだ。

 藤倉大の作品の最大の魅力のひとつは、ぼくにとってはまず音がうれしそうに鳴ることで、これが奏者を心地よく高めているのがみてとれるのが、とにかく聴いていて愉しい。それはかの響きの達人が三味線という手馴れない楽器を手にして、オーケストラとの協奏曲を書いてみても変わらないばかりか、本條秀慈郎という名手からのインスピレーションを大いに受け、いきいきと幸福感に満ちたものに仕上がっていた。

 三味線のソロが非常に濃やかに聴きとれることはもちろん、その熱が音量だけではなくて表情から明確に伝わってくるのは本條秀慈郎のプレイが自在で圧巻だからだが、同時に、曲がそのようにきれいに書かれているということの証左でもある。ソロの遊泳領域が自由であることは、オーケストラの地や呼応とも大きく関わってきて、運動の受け渡しや響きの広がりが生き生きとしてくる。しかも、三味線の技法は藤倉らしく多様な創意を鏤めて駆使され、オーケストラ音楽の新しい表情を自信と熱気をもって拓いていくようで、その道行きがまたスリリングなのだ。

 こんなふうに思うのは、藤倉作品がふつうに演奏されていた近年のシーンのなかでは毎度のことではあるが、それでも、これほどの感激をもたらしていたかどうか。ひさしぶりに聴いたことだって、あるかもしれない。三味線というのがまたよかったのだろう。オーケストラが三味線の細部まで繊細に、あるいは勁く聴きとれるように、精妙にコントロールしていたのもあるし、なにより本條秀慈郎の卓抜な独奏がそれだけ熱と力を帯びて迫ってきたことが大きい。
 
 とにかく、この夏の日、文化会館で、本條秀慈郎の独奏と、大野和士指揮都響の生演奏で聴いて、ぼくはすんなりそのことをありがたく思った。かんたんにいうと、オーケストラの響きがとても自由で、色鮮やかに味わえたのだ。ふだんはさほど聴かない三味線の音も、ギターのディストーションを電気ではなくオーガニックな熱で叶えたものだと思えば、ごくふつうに馴染みがあった。やっぱり同時代の音楽の響きはそれだけすっと入ってくるのだ、と思えたことがうれしかった。
110 件



TOP