ヴェルビエ音楽祭特集へ
リーズ国際ピアノ・コンクール2021-ファイナル(II/II)

リーズ国際ピアノ・コンクール2021-ファイナル(II/II)

  • medici.tv JAPAN
    2021.09.17
  • お気に入り
イギリスのリーズ国際ピアノ・コンクールは1963年に創設され、メディアの注目も高く、早くから若手の登竜門として知られてきました。初期にはラドゥ・ルプー、マレイ・ペライアらが優勝しています。3年ごとに開催され、今回が記念すべき第20回の節目。日本からの参加者では、小林海都がファイナルに進み、注目を集めています。medici.tv JAPANではファイナルをライヴ中継します。若きピアニストたちを支えるのは、アンドリュー・マンゼ指揮ロイヤル・リヴァプール・フィル。新たな才能の登場をお聴きのがしなく!こちらはファイナル2日間の最終日、小林海都が登場します。
小林海都(25歳、日本)
バルトーク:ピアノ協奏曲 第3番 ホ長調 Sz.119

Ariel Lanyi(23歳、イスラエル)
ブラームス:ピアノ協奏曲 第2番 変ロ長調 Op.83

【演奏】
ロイヤル・リヴァプール・フィルハーモニー管弦楽団
アンドルー・マンゼ(指揮)

【詳細】
会場:リーズ・タウンホール(リーズ)
制作年:2021年
3 件
TOP