寺西基之の音楽日記をイッキ見

ミューザ川崎シンフォニーホール「キープディスタンス・コンサート」レポート


寺西基之 / 更新日:2020年6月24日


2020年6月16日(火)ミューザ川崎シンフォニーホール



 新型コロナウィルスゆえに日本中で演奏会が聴けなくなってからすでに3カ月以上、やっとここにきてコンサート開催に向けて動きが出始めたが、コロナ感染の脅威はまだまだ続くとあって、開催にあたってはかなり厳しい制約が国のガイドラインとして設けられている。その中でどのように演奏会を再開させていくか、音楽団体や劇場・ホールなどの主催者は模索中で、様々な形での試演が行なわれている。当欄でも先に東京都交響楽団の試演を取り上げて、それ自体が密にならざるを得ないオーケストラの舞台上の問題の検証の様子をレポートしたが、今回取り上げるミューザ川崎シンフォニーホールの「キープディスタンス・コンサート」はそれとは違って、劇場として客席やロビーの感染防止をいかに防ぐかという点に重点を置いた試演会だ。客としてマスコミ、ジャーナリスト、音楽団体、他の劇場など業界関係者のみが参加し、ホール内やロビーでの様々な感染症対策を検証するという試みであり、もともと「MUZAランチタイムコンサート 底抜けに明るいジャズ」として予定されていながら中止になった公演をそのまま試演会としたものである。

 当然ながら感染防止のために客には様々な注意事項の履行が求められる。今回はまずチケットの引き換えの際に名前と住所を記帳、マスクの着用は言うまでもなく、手指のアルコール消毒も必須、入り口前で他の入場者とのディスタンスを取りつつ並び、入場の際にはサーモグラフィーでの体温検査も行なわれる。また客と係員の手の接触を避けるために、チケットは各自でもぎって半券を箱に入れ、プログラムも自分で取らなければならない。客席(この日は100席限定だったので、1階と2階センター前方のみを使用)は前後左右1席ずつ開ける必要から座れない席には着席禁止の紙が貼られ、舞台すぐ下の1階の1~4列も使用できないようになっていた。ブラボーの声はもちろん、客どうしの会話も極力控えるようにという注意があり、またクローク、喫茶コーナー、ショップも閉鎖、冷水器も使用停止となるなど、これまで当たり前だった演奏会場のあり方からまさに一変した感がある。演奏中にはホールの外ではロビーなどの消毒もスタッフが改めて行なっていたという。

 すでに演奏会開催へ向けて動き出している様々な団体やホールもほぼ同じような方針を打ち出しているので、少なくとも当面しばらくはこうした形が演奏会の「新しい様式」となっていくと思われる。ただ実際に運用していくにあたっては、今後いろいろな問題点も出てくることは避けられまい。今回は100席のみの演奏会だったが、会場の半数(さらに制限が緩められた場合はそれ以上)の席を用いるコンサートの場合、開場の際の行列やトイレを待つ列ではたしてキープディスタンスが可能なのかははなはだ疑問だし、客どうしの会話をまったく規制できるとも思えない。今回もわれわれはロビーで普通に言葉を交わしていたし、ホール内では掲示パネルを持った係員が巡回していたせいか、さすがにほとんどの人が静かに待ってはいたものの、1階真ん中で男性2人が席に座って(マスクはしていたものの)かなり大きな声で会話を開演直前まで続けていた。業界関係者ですらそうなのだから、一般のお客様にそれを守ってもらうのはかなり難しいと思われる。演奏会終了後に行なわれた意見交換会でも、客の立場から参加者のいろいろな意見が出されたが、これから演奏会が実際に再開されてから、いろいろな事例が生じて、ケースバイケースで対応し、注意事項を修正していくことを通じて「新しい様式」は確立されていくことになるのだろう。

 ただ演奏会というのは、生の演奏を聴くことが最大の目的であることはもちろんだとしても、多くの人にとってはそこに集まる人との交流の場でもある。ロビーやドリンクコーナーもそのために生かされるのであり、そうしたことを断ってしまう「新しい様式」は演奏会本来のあり方にはそぐわないものだ。感染防止のためには当面は致し方ないにせよ、これが決して「新しい様式」ではなくあくまで「臨時の様式」であり、新型コロナの完全終息の折には、コロナ前の演奏会のあり方を今回の経験を踏まえて刷新したような、真の意味での「新しい様式」が生まれることを望みたい。

 今回は感染防止対策検証を目的とした試演会ではあったが、トロンボーンの中川英二郎、バンジョーの青木研、ピアノの宮本貴奈によるジャズ・トリオの演奏は実に生き生きとして楽しかった。青木のバンジョー・ソロによる「ラプソディ・イン・ブルー」というサプライズもあり、わずか50分ほどの短い演奏会ながら、とても充実したひと時だった。もともと「ランチタイムコンサート」として公開されるはずだったこの演奏会を楽しみにしていたファンに対しては少々申し訳ない気持ちにもなったのだが…。

 なおミューザ川崎シンフォニーホールによる毎夏恒例の「フェスタサマーミューザ」は今年も開催されることが発表された。もちろん例年通りとはいかず、座席は約600席に限って同ホール友の会会員に優先販売を行なう一方で、有料映像配信(一部は無料)として発信するという形態をとるが、首都圏のほぼすべてのオケが出演するという形は変わらず、7月23日から8月10日までほぼ連日演奏会が開催・配信されるという。配信をとおしてこれまでこの音楽祭に無縁だった地方のファンも首都圏の様々なオーケストラの演奏に触れることが出来ることになるなど、新たな聴衆を獲得するよい機会になるだろうし、長い間演奏会の休止を余儀なくされた各楽団にとっても再スタートへの大きなステップになるに違いない。

都響「COVID-19(新型コロナウィルス感染症)影響下における公演再開に備えた試演」レポート


寺西基之 / 更新日:2020年6月17日


2020年6月11日(木)&12日(金)東京文化会館



 3月以降、新型コロナウィルスの流行に伴う自粛要請および緊急事態宣言によって、演奏会がまったく開催できなくなってしまった。段階的な制限の解除でようやく再開へ向けての動きが出てくるようになったものの、オーケストラは演奏者自体が“密”になり、また特に管楽器の飛沫の問題もあるので、ソロのリサイタルや室内楽などに比べると、はるかにハードルが高そうである。そうした中で東京都交響楽団が東京文化会館とともに、取材関係者や業界関係者に公開する形で、2日間にわたって「公演再開に備えた試演」を行なった。両日ともに音楽監督の大野和士自らが試演を主導、どうすればこのコロナ禍の中でオケの演奏が可能なのかを探っていく試みである。

 初日は弦楽合奏のみで実験が行なわれた。演奏に用いられたのはグリーグの「ホルベアの時代から」とチャイコフスキーの「弦楽セレナード」で、奏者間の距離を様々に変えながら、それが演奏にどう反映されていくかが検証された。奏者は全員がマスクを着用、まず4月にヨーロッパで提案されたという奏者間の距離2メートルを置く形から始まり、続いて少し縮めて1.5メートルが試みられた。これらの距離だと視覚的には舞台全体にまばらに奏者が散らばっているといった印象を受ける。当然ながら1プルトに奏者2人ずつというわけにはいかず、奏者ひとり毎に譜面台を立てなくてはならなくなり、お互いの音もよく聴き合えないなど、演奏にはいろいろ支障も出てくるようだ。その後に、最近ベルリンで出されたというガイドラインに即して奏者間1メートルにまで縮めて演奏、ここまで来ると2人で譜面台を共有できることになり、通常の形態にかなり近づくことになる。演奏もここにきてやっと響きにまとまりが出て(大野氏は「舞台上に響きの球が出来た」と表現していた)、オケのアンサンブルにとってはやはり奏者間の距離の問題が大きいことが実感できた。奏者間1メートルは感染に関しては最近の見方ではほぼ問題ないようなので、これからの演奏再開にあたってはそれが基準となるのだろう。それでも敢えて2メートルから実験を試みたことについては、試演終了後の囲みで大野氏から、今回のような状況の下でいろいろなフォーメーションをいつでもできるようにしておくことを考えてのことだという説明があった。

こうした弦楽のみで得られた初日の結果を踏まえ、2日目は飛沫の問題が多いといわれる管楽器を加えての試演がなされた。この日は複数の専門家も実際に立ち会っての検証である。管楽器は事前に非公開で飛沫・エアロゾルに関しての測定が行なわれた後、改めて舞台上で飛沫がどのように飛ぶかが測定された。まず金管アンサンブルがヨーロッパで出された奏者間1.5メートルでデュカスの「ペリのファンファーレ」を演奏、測定では飛沫はほとんど問題ないとの結果が得られ、1メートルに縮めての演奏が可能となった。続いて行なわれた木管アンサンブル(ブラームスの交響曲第1番の一節)も結果は同様で、心配されていた管楽器がほぼ安全であるということが明らかになったことは大きい。その後モーツァルトの「フィガロ」序曲をオケ全体で通し、これもやはり距離を少しずつ詰めていきながら試演を重ね、「ジュピター」交響曲の第1楽章の演奏が続いた。最後はソプラノの谷原めぐみ(ヴェルディ「ラ・トラヴィアータ」のアリア「花から花へ」)とバスの妻屋秀和(モーツァルト「フィガロの結婚」のアリア「もう飛ぶまいぞこの蝶々」)も参加して声楽の飛沫の測定が行なわれた。声楽についての検証結果は時間がかかるのか、その場では明らかにされなかったが、少なくともオケのアンサンブルの“密”の問題は懸念されていたほどではないようで、演奏再開に向けての大きな一歩が踏み出せたといえよう。

都響に限らず、各楽団も演奏再開への道を探るべく、専門家の意見を聞きながらそれぞれに検証を行なっているようで、実際に6月下旬に東京フィルと東京交響楽団が、7月上旬には新日本フィルと日本フィルがそれぞれ定期を開催することを(いずれも出演者もしくは曲目などの変更は余儀なくされているが)すでに発表しているのをはじめ、地方のオケも演奏再開へ動き始めている。そうした中、今回都響が試演による検証過程をこのように取材関係者や業界関係者に公開してくれたことは非常に意義のあることで、そのことはメディアやジャーナリストのみならず、他のオーケストラやホール・劇場の関係者も多数見学に訪れていたことに現われていよう。今回の検証の詳しい分析結果は後日発表され、他の楽団やブラスバンドなどにも参考にしてもらいたいとのことである。日本の音楽界全体に寄与したいというこうした都響の姿勢は高く評価されるべきだろう。

佐藤征一郎が拓くレーヴェのバラードの世界


寺西基之 / 更新日:2020年5月29日


新譜CD《カール・レーヴェのワンダーランド》 佐藤征一郎(バス・バリトン)、長岡輝子、岸田今日子、中山節子(朗読)ほか ライヴノーツWWCC7921~3



  ドイツ・ロマン派のリートの歴史においてきわめて重要な役割を果たしたカール・レーヴェ。彼は生涯にわたって夥しい数の歌曲を作曲した。長命だったことで歌曲の作曲時期も長く、それはシューベルトからシューマンやブラームスへと連なるドイツ・ロマン派リートの確立と発展の時代に重なっている。とりわけ物語的もしくは叙事的な劇的性格を持ったバラード(バラーデ)のジャンルにおける表現の可能性を追求した点は彼の大きな功績で、詩の情景を巧みに音化し、変化に満ちた通作的な手法のうちにライトモティーフ的な手法を用いて物語を描くその劇的な手法がドイツ・リートの展開に与えた影響は多大なものがある。
それにもかかわらず、今日レーヴェの歌曲は一般に取り上げられる機会が少なく、シューベルトやシューマンの影に隠れてしまっているといって過言ではない。それは本家ドイツにおいても、あまり変わりがないようだ。そうした中でレーヴェに惹かれ、生涯かけてその作品の紹介に努めてきたのがバス・バリトンの佐藤征一郎である。彼は1985年の第1回を皮切りに長年にわたってレーヴェ連続演奏会を開催する一方で、レーヴェ研究に力を入れ、その功績ゆえに2014年にはドイツ国際カール・レーヴェ協会の名誉会員となっている。この名誉会員に推挙されたことがいかにすごいかは、それまでの声楽家会員がヘルマン・プライ、テオ・アダム、クルト・モル、ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ、ペーター・シュライアー、ローマン・トレーケルという傑物揃いで、佐藤がそれに続く7人目、しかもドイツ人以外では初めての推挙だったことからも明らかといえるだろう。それほどの国際的評価を得るほどに佐藤はレーヴェに注力してきたのである。
私自身も初めてレーヴェの作品に接し、その魅力を知ったのが1980年代後半、彼のレーヴェ連続演奏会においてだった。それだけに、今回その連続演奏会のうち1985年から1990年までの歌唱を集めた3枚組のCDアルバム《カール・レーヴェのワンダーランド》が出されたことは喜ばしいかぎりである。バラードは特に詩の内容が重要なことから、これらの演奏会では各曲の演奏の前に詩の日本語訳が長岡輝子と岸田今日子といった大女優によって朗読され(長岡が急病の1986年11月の回は声楽家の中山節子が代役)、それもこのCDにはきちんと収められている。
改めてこれを聴いて、当時壮年期だった佐藤の歌唱の充実ぶりを再認識させられた。バス・バリトンらしい深みのある声を生かしつつ、詩の精髄に迫りながら、全体の音楽的流れと展開をしっかりと捉え、動機への綿密な配慮などこまやかな表現の彫琢をとおして、それぞれのバラードの世界を生き生きと表出している。ケルナーの詩による「ヴァルハイデ」など、演奏時間が27分に及ぶ大曲だが、ぞっとするような結末を迎える幻想的なゴシック風の物語の展開が、表情豊かに歌い上げられていて、聴き応え充分。やはり似たような結末へ至るゲーテの詩による「魔王」でも、同じ詩による有名なシューベルトの曲とは異なるレーヴェ独自の語り口や陰影のある表現法を、佐藤の歌唱は明晰に示している。3枚とおして、詩に応じたレーヴェのドラマティックな書法の多様さが浮かび上がってくるアルバムといえよう。
佐藤自身が執筆した大部なライナーノートも特筆しておきたい。曲目解説が収録曲全曲でないのは残念だが、その分重要な曲の解説が実に詳細で、それをとおしてレーヴェの音楽の本質を解き明かしている。演奏者としての視点と学究的なレーヴェ研究者としての視点が結び付いたこの解説を読んで、佐藤の手による本格的なレーヴェ研究書を期待したくなるのは私だけではないだろう。
12 件



TOP