ヴェルビエ音楽祭特集へ
寺西基之の音楽日記をイッキ見

佐藤征一郎が拓くレーヴェのバラードの世界


寺西基之 / 更新日:2020年5月29日


新譜CD《カール・レーヴェのワンダーランド》 佐藤征一郎(バス・バリトン)、長岡輝子、岸田今日子、中山節子(朗読)ほか ライヴノーツWWCC7921~3



  ドイツ・ロマン派のリートの歴史においてきわめて重要な役割を果たしたカール・レーヴェ。彼は生涯にわたって夥しい数の歌曲を作曲した。長命だったことで歌曲の作曲時期も長く、それはシューベルトからシューマンやブラームスへと連なるドイツ・ロマン派リートの確立と発展の時代に重なっている。とりわけ物語的もしくは叙事的な劇的性格を持ったバラード(バラーデ)のジャンルにおける表現の可能性を追求した点は彼の大きな功績で、詩の情景を巧みに音化し、変化に満ちた通作的な手法のうちにライトモティーフ的な手法を用いて物語を描くその劇的な手法がドイツ・リートの展開に与えた影響は多大なものがある。
それにもかかわらず、今日レーヴェの歌曲は一般に取り上げられる機会が少なく、シューベルトやシューマンの影に隠れてしまっているといって過言ではない。それは本家ドイツにおいても、あまり変わりがないようだ。そうした中でレーヴェに惹かれ、生涯かけてその作品の紹介に努めてきたのがバス・バリトンの佐藤征一郎である。彼は1985年の第1回を皮切りに長年にわたってレーヴェ連続演奏会を開催する一方で、レーヴェ研究に力を入れ、その功績ゆえに2014年にはドイツ国際カール・レーヴェ協会の名誉会員となっている。この名誉会員に推挙されたことがいかにすごいかは、それまでの声楽家会員がヘルマン・プライ、テオ・アダム、クルト・モル、ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ、ペーター・シュライアー、ローマン・トレーケルという傑物揃いで、佐藤がそれに続く7人目、しかもドイツ人以外では初めての推挙だったことからも明らかといえるだろう。それほどの国際的評価を得るほどに佐藤はレーヴェに注力してきたのである。
私自身も初めてレーヴェの作品に接し、その魅力を知ったのが1980年代後半、彼のレーヴェ連続演奏会においてだった。それだけに、今回その連続演奏会のうち1985年から1990年までの歌唱を集めた3枚組のCDアルバム《カール・レーヴェのワンダーランド》が出されたことは喜ばしいかぎりである。バラードは特に詩の内容が重要なことから、これらの演奏会では各曲の演奏の前に詩の日本語訳が長岡輝子と岸田今日子といった大女優によって朗読され(長岡が急病の1986年11月の回は声楽家の中山節子が代役)、それもこのCDにはきちんと収められている。
改めてこれを聴いて、当時壮年期だった佐藤の歌唱の充実ぶりを再認識させられた。バス・バリトンらしい深みのある声を生かしつつ、詩の精髄に迫りながら、全体の音楽的流れと展開をしっかりと捉え、動機への綿密な配慮などこまやかな表現の彫琢をとおして、それぞれのバラードの世界を生き生きと表出している。ケルナーの詩による「ヴァルハイデ」など、演奏時間が27分に及ぶ大曲だが、ぞっとするような結末を迎える幻想的なゴシック風の物語の展開が、表情豊かに歌い上げられていて、聴き応え充分。やはり似たような結末へ至るゲーテの詩による「魔王」でも、同じ詩による有名なシューベルトの曲とは異なるレーヴェ独自の語り口や陰影のある表現法を、佐藤の歌唱は明晰に示している。3枚とおして、詩に応じたレーヴェのドラマティックな書法の多様さが浮かび上がってくるアルバムといえよう。
佐藤自身が執筆した大部なライナーノートも特筆しておきたい。曲目解説が収録曲全曲でないのは残念だが、その分重要な曲の解説が実に詳細で、それをとおしてレーヴェの音楽の本質を解き明かしている。演奏者としての視点と学究的なレーヴェ研究者としての視点が結び付いたこの解説を読んで、佐藤の手による本格的なレーヴェ研究書を期待したくなるのは私だけではないだろう。

18世紀ナポリのリコーダー音楽の楽しみ


寺西基之 / 更新日:2020年5月26日


新譜CD《ナポリのリコーダーコンチェルト》~本村睦幸(リコーダー)&“ジュゴンボーイズと仲間たち”(ワオンレコード CD370)



 前回リコーダーのシュテーガーのCDを取り上げたが、日本のリコーダー奏者の活躍もめざましい。そのひとりである本村睦幸の新譜CD《ナポリのリコーダーコンチェルト》は、バロック時代の18世紀前半のナポリで活動した作曲家たちのリコーダーの協奏曲・ソナタ曲集で、知られざる作曲家と作品を生き生きと蘇らせたアルバムである。共演は“ジュゴンボーイズ(バロック・チェロの山本徹とチェンバロの根本卓也のコンビ)と仲間たち(バロック・ヴァイオリンの中丸まどかと天野寿彦、バロックギター&テオルボの佐藤亜紀子)”。
取り上げられている作曲家は、アレッサンドロ・スカルラッティ、ロバート・ヴァレンタイン(ロベルト・ヴァレンティーニ)、ドメニコ・ナターレ・サッロ、ジョヴァンニ・バッティスタ・メーレ、ニコラ・フィオレンツァ、フランチェスコ・バルベッラ、フランチェスコ・マンチーニで、一般に知られているのはA.スカルラッティ(鍵盤ソナタで有名なドメニコ・スカルラッティの父)くらいだが、劇的な緊張感を持つサッロのニ短調コンチェルト、宗教的な象徴表現が込められたメーレのソナタ第15番をはじめとして、どの曲もそれぞれに魅力的で、当時のナポリには多くの優れた作曲家が活躍していたことが浮かび上がってくる。イタリアらしい歌心に満ちた作品が多いが、一方でいわゆるイタリア的なものとは趣が異なる味わいや書法も窺えるのは、当時ナポリがオーストリア政権下に置かれることになったことで、オーストリア風の器楽が導入されたことと関わっているのかもしれない(その点の歴史的解説は山田高誌による読み応えあるライナーノートに詳しい)。
これらの曲を取り上げるにあたって、本村睦幸はイタリアのバロック・リコーダーを調査し、当時のリコーダーの複製を2本、リコーダー製作家の斉藤文誉に作ってもらい、この録音で使用している。それはこの時代にナポリで用いられていたピッチ、指孔、運指などオリジナルどおりの仕様を再現したもので、いかに18世紀ナポリの響きを再現するかという本村のこだわりが現われているといえよう。演奏の点でも、それぞれの曲の特質を的確に捉えつつ、ナポリの音楽の多様性と広がりを多彩なパレットで表出した本村のセンスと技巧が光る。カンタービレ楽章では、楽想に合わせて、時に清澄に、時に憂いを帯び、時に明朗にと歌い分け、急速な楽章では躍動感を息づかせながらも明晰さと精確さを失わない。共演の“ジュゴンボーイズと仲間たち”も実に生気に富んでいて、本村と息の合ったアンサンブルを聴かせている。
無尽にあるバロック時代の隠れた名曲は近年次々と掘り起こされているが、ナポリのリコーダー作品に光を当てたこのCDも価値のある貴重な一枚だ。もちろんそうした学究的な興味だけでなく、無心に聴いて無条件で楽しめるアルバムであり、一聴をお勧めしたい。

“リコーダーのパガニーニ” モーリス・シュテーガーの名技


寺西基之 / 更新日:2020年4月24日


新譜CD 《ヘンデル氏の夕食会》~モーリス・シュテーガー(リコーダー)&ラ・チェトラ [ハルモニア・ムンディKKC6021]



 スイス生まれのリコーダーの名手、モーリス・シュテーガー。その圧倒的な技巧と表現力豊かな音楽性は、これまで出されたCDでも存分に発揮されていた。彼のCDは凝った趣向による選曲にも注目すべきものがあるが、今回リリースされたラ・チェトラ(バロックオーケストラ・バーゼル)との共演による一枚も、《ヘンデル氏の夕食会 Mr.Handel’s Dinner》というタイトルが付けられているように、イギリスでオペラ作曲家として名を成したヘンデルがそのオペラ上演の長い幕間に開いた演奏付きの豪華な夕食会をイメージした興味深いプログラムで、ヘンデルの作品を中心にしつつ、そのあいだに他の作曲家の作品を挟むという形をとっている。
といっても当時のある夕食会のプログラムをそのまま再現したものではない。そこにはシュテーガーらしいオリジナリティが盛り込まれており、例えば第1曲目のヘンデルのリコーダー協奏曲は、原曲がリコーダーと通奏低音のためのソナタOp.1-11。これはのちにヘンデル自身の手でオルガン協奏曲に編曲されているが、シュテーガーはそのオルガン協奏曲のオーケストレーションを用いつつ、原曲のリコーダーで演奏することでリコーダー協奏曲としており、さらに途中にオルガン伴奏のインプロヴィゼーションを挟み込んで、まったく新しい装いの作品に作り替えている。
 次のヘンデルの組曲もシュテーガー独自の編作で、ヘンデルのオペラ『アルミーラ』の中のいくつかの舞曲を並べ、最後にオーボエ協奏曲ト短調HWV287の舞曲的なフィナーレをつなげるという構成。それに続くフランチェスコ・ジュミニアーニのリコーダー協奏曲は実はジュミニアーニがコレッリのヴァイオリンと通奏低音のためのソナタOp.5-11をリコーダーの協奏曲に編曲したものだが、そのコレッリのオリジナルのヴァイオリン・パートにコレッリ自身や当時のヴァイオリニストが記譜した装飾法を、シュテーガーはこのジュミニアーニのリコーダー協奏曲の演奏にあたって参考にしている。
シュテーガーのこうした創意は、楽曲を借用したり編作したりしながら新しいものを生み出すというバロック時代の慣習に準じたものだろう。当時の演奏会のそのままの再現ではなく、その時代の精神を今日に生かすこと、シュテーガーの意図はまさにそこにある。
 この“夕食会”は、さらにゴットフリート・フィンガーやウィリアム・バベルなどの作品も挟んで繰り広げられていくが、一枚をとおして聴くと、緩急のテンポ、躍動性とカンタービレのコントラストなど、巧みに変化を際立たせるべく楽曲を配列していることが浮かび上がってくる。要所にバッソ・オスティナート(ヘンデル「組曲」中のシャコンヌ、フィンガーのグラウンド、ヘンデルのパッサカイユHWV399/3とシャコンヌHWV435)に基づく曲を置いて、流れにアクセントを与えているところや、必ずしもリコーダーの曲ばかりでなく、特に最後のヘンデルのシャコンヌHWV435はチェンバロ曲(しかもこの演奏では前奏と後奏に弦楽合奏が付け加えられている)で“夕食会”を締めくくっているところも心憎い。
このように全体の曲目構成やコンセプトにシュテーガーらしい粋なセンスが光った一枚だが、もちろん何よりもすばらしいのは演奏そのものであることはもちろんだ。それぞれの曲に即して数種のリコーダーを持ち替えつつ、圧倒的な名人芸を聴かせる彼は、まさに“リコーダーのパガニーニ”という異名にふさわしい。名人芸といっても決してただ技巧を誇示するというのでなく、どこをとっても音楽が生き生きと呼吸し、作品に新たな息吹が吹き込まれている。時に軽やかに飛翔し、時にしっとりしたカンタービレの美しさを聴かせ、歯切れのよい音が生み出すめくるめく躍動感で高揚をもたらしたかと思うと、柔らかな音色で聴く者を暖かく包み込むというように、シュテーガーの表現の多彩さは限界がないかのよう。ヘンデルの作品でいえば、「組曲」のブーレやリゴドンの圧倒的な技巧による小気味よい弾み、リコーダーとチェンバロのソナタイ短調HWV362の冒頭楽章の哀感を秘めたカンタービレ、トリオハ短調HWV386aでのヴァイオリンとの親密な絡みなど、その魅力を挙げればきりがない。バベルの6度フルート(D管のソプラノ・リコーダー)と4つのヴァイオリンのための協奏曲では、天空での飛翔と歌を思わせるような、高音の魅力を存分に発揮させた妙技がなんとも鮮やかだ。
アルバム全体をとおして、古楽の演奏法や解釈をきちんと踏まえながらも、自由自在にリコーダーを操りながら、インスピレーションに富む音楽を繰り出すシュテーガーの演奏は、実にモダンな感性を感じさせる。共演のラ・チェトラのフレッシュな演奏もすばらしい。音楽の愉しみを堪能できる一枚である。
16 件



TOP