ヴェルビエ音楽祭特集へ
ヤクブ・フルシャ指揮 バンベルク交響楽団 ー マーラー、シュトラウス、フェルステル

ヤクブ・フルシャ指揮 バンベルク交響楽団 ー マーラー、シュトラウス、フェルステル

チェコ生まれの指揮者ヤクブ・フルシャが、2016年から首席指揮者としてともに歩むドイツの名門バンベルク交響楽団と、母国プラハのドヴォルジャーク・ホールに凱旋します。
  • medici.tv JAPAN
    2021.09.17
  • お気に入り
チェコ生まれの指揮者ヤクブ・フルシャが、2016年から首席指揮者としてともに歩むドイツの名門バンベルク交響楽団と、母国プラハのドヴォルジャーク・ホールに凱旋します。プログラムもフルシャらしく独創的。マーラーの交響曲第5番からアダージェット、名ソプラノのカテリーナ・クネージコヴァを迎えてリヒャルト・シュトラウスの《4つの最後の歌》、そしてプラハ生まれの作曲家ヨゼフ・ボフスラフ・フェルステル(フォエルステル)が1905年に書いた交響曲第4番ハ短調という、またとない構成です。フェルステルはハンブルクとウィーンで評論活動を展開し、マーラーを支持したことでも知られていました。
【プログラム】
マーラー:交響曲 第5番 嬰ハ短調
 4. Adagietto: Sehr langsam

R.シュトラウス:4つの最後の歌
 第1曲:春
 第2曲:九月
 第3曲:眠りにつくとき
 第4曲:夕映えの中で

フェルステル:交響曲 第4番 ハ短調 Op.54 《復活祭の夜》
 1. Molto sostenuto
 2. Allegro deciso
 3. Andante sostenuto
 4. Lento lugubre - Allegro moderato

【演奏】
カテリーナ・クネージコヴァ(ソプラノ)
バンベルク交響楽団
ヤクブ・フルシャ(指揮)

【詳細】
ディレクター:Marcin Dunin-Borkowski
会場:ルドルフィヌム、ドヴォルザーク・ホール(プラハ)
制作年:2021年
制作:© Bamberg Symphony & medici.tv
3 件
TOP