ヴェルビエ音楽祭特集へ
ファビオ・ルイージが指揮するマーラーの《復活》

ファビオ・ルイージが指揮するマーラーの《復活》

イタリア・ジェノヴァ生まれの名指揮者ファビオ・ルイージは、マーラーも得意のレパートリーとしています
  • medici.tv JAPAN
    2021.11.19
  • お気に入り
イタリア・ジェノヴァ生まれの名指揮者ファビオ・ルイージは、マーラーも得意のレパートリーとしています。ここでは2019年のヴェルビエ音楽祭のステージから交響曲第2番《復活》を改めてご紹介します。サイトウ・キネン・オーケストラとの松本での名演も忘れ難い同曲ですが、ルイージはヴェルビエでも歌心に満ちた演奏を鮮やかに聴かせています。
【プログラム】
マーラー:交響曲 第2番 ハ短調《復活》
 1. Allegro maestoso "Totenfeier"
 2. Andante moderato
 3. In ruhiger fließender Bewegung
 4. "Urlicht" (sehr feierlich, aber schlicht)
 5. Im Tempo des Scherzo (wild herausfahrend)

【演奏】
ゴルダ・シュルツ(ソプラノ)
エカテリーナ・グバノヴァ(メゾ・ソプラノ)
Oberwalliser Vokalensemble
ヴェルビエ・フェスティヴァル・オーケストラ
ファビオ・ルイージ(指揮)

【詳細】
ディレクター:Sébastien Glas
会場:Salle des Combins(ヴェルビエ、スイス)
制作年:2019年
制作:© a concert filmed by Idéale Audience
3 件
TOP