ARK Hills Music Week2018 サントリーホール ARKクラシックス

ARK Hills Music Week2018 サントリーホール ARKクラシックス

サントリーホールのある赤坂アークヒルズを中心とするARK Hills Music Weekの新企画として、2018年秋から始動した音楽祭『サントリーホール ARK クラシックス』。ピアニスト辻井伸行とヴァイオリニストの三浦文彰をアーティスティック・リーダーとして、世界第一線の音楽家が競演する『ARKクラシックス』の始まりを告げたコンサートのライヴ映像を特集します。
  • medici.tv JAPAN
    2020.03.06
  • お気に入り
 今回ご紹介するのは、その顔役ふたり、三浦文彰と辻井伸行のデュオが奏でた、ヴァイオリンとピアノのための傑作ソナタの2曲です。まずは、前夜祭のコンサートのしめくくりに演奏されたフランクのイ長調ソナタ。前年にふたりが初共演をかなえた始まりの曲です。そしてもう1曲、翌日に大ホールで行われたガラ・コンサートから、ブラームスのソナタ第1番ト長調 Op.78《雨の歌》をお楽しみください。
 なお、この初年には、ピアノのヴィキングル・オラフソン、指揮とヴィオラのユーリ・バシュメット率いるモスクワ・ソロイスツ、コントラバス四重奏のザ・ベース・ギャングらも世界各地から駆けつけ、4日間で9公演を多様な音楽で彩りました。
サントリーホール ARKクラシックス 前夜祭
フランク:ヴァイオリン・ソナタ イ長調
三浦文彰(ヴァイオリン)、辻井伸行(ピアノ)
2018年10月5日
サントリーホール ブルーローズ
サントリーホール ARKクラシックス ガラ・コンサート
ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ 第1番 ト長調 Op.78《雨の歌》
三浦文彰(ヴァイオリン)、辻井伸行(ピアノ)
2018年10月6日
サントリーホール 大ホール
音楽祭特設サイトはこちら▼
https://avex.jp/classics/arkclassics2018/
photo:Yuji Hori
7 件
TOP