ヴェルビエ音楽祭特集へ
オープニング・コンサート ──ヴァレリー・ゲルギエフ、デニス・マツーエフ、ヴェルビエ・フェスティヴァル・チェンバー・オーケストラ

オープニング・コンサート ──ヴァレリー・ゲルギエフ、デニス・マツーエフ、ヴェルビエ・フェスティヴァル・チェンバー・オーケストラ

フェスティヴァルのオープニングを飾るのはヴァレリー・ゲルギエフ。十八番のロシア音楽から、ショスタコーヴィチのピアノ協奏曲第1番とプロコフィエフの交響曲第1番を採り上げます。
  • medici.tv JAPAN
    2021.07.16
  • お気に入り
フェスティヴァルのオープニングを飾るのはヴァレリー・ゲルギエフ。十八番のロシア音楽から、ショスタコーヴィチのピアノ協奏曲第1番とプロコフィエフの交響曲第1番を採り上げます。ショスタコーヴィチの協奏曲では、ピアニストのデニス・マツーエフ、トランペットのティムール・マルティノフというゲルギエフゆかりの名手が独奏で登場。同じソヴィエトの天才、プロコフィエフの「古典交響曲」ニ長調が、軽快にフェスティヴァルをわかせます。さらに、マツーエフの独奏でベートーヴェンのピアノ協奏曲第3番ハ短調も。
【プログラム】
ショスタコーヴィチ:ピアノ協奏曲 第1番 Op.35
 1. Allegretto
 2. Lento
 3. Moderato
 4. Allegro con brio

プロコフィエフ:交響曲 第1番 ニ長調 Op.25《古典》
 1. Allegro
 2. Larghetto
 3. Gavotta: Non troppo allegro
 4. Finale: Molto vivace

ベートーヴェン:ピアノ協奏曲 第3番 ハ短調 Op.37
 1. Allegro con brio
 2. Largo
 3. Rondo : Allegro

ラフマニノフ/コチシュ:ヴォカリーズ Op.34-14
ショパン:ワルツ 第7番 嬰ハ短調 Op.64-2
グリーグ/ギンズブルク:ペール・ギュントより 山の魔王の宮殿にて

【演奏】
デニス・マツーエフ(ピアノ)
ティムール・マルティノフ(トランペット)
ヴェルビエ・フェスティヴァル・チェンバー・オーケストラ
ヴァレリー・ゲルギエフ(指揮)

【詳細】
ディレクター:Jean-Pierre Loisil
会場:Salle des Combins(ヴェルビエ、スイス)
制作年:2021年
制作:© Idéale Audience
3 件
TOP