ヴェルビエ音楽祭特集へ
アレクサンドル・カントロフ、ブラームスとラフマニノフを弾く

アレクサンドル・カントロフ、ブラームスとラフマニノフを弾く

フランスのピアニスト、アレクサンドル・カントロフがヴェルビエ音楽祭で待望のリサイタル。
  • medici.tv JAPAN
    2021.07.28
  • お気に入り
アレクサンドル・カントロフ、ブラームスとラフマニノフを弾く 
フランスのピアニスト、アレクサンドル・カントロフがヴェルビエ音楽祭で待望のリサイタル。2019年のチャイコフスキー国際コンクールに優勝し、グランプリにも輝いた気鋭が、ブラームス初期の「4つのバラード」Op.10、ラフマニノフの果敢な大曲ピアノ・ソナタ第1番ニ短調Op.28というチャレンジングなプログラムでその真価を聴かせます。
【プログラム】
ブラームス:4つのバラード Op.10
 バラード 第1番 ニ短調:Andante
 バラード 第2番 ニ長調:Andante
 バラード 第3番 ロ短調:Intermezzo - Allegro
 バラード 第4番 ロ長調:Andante con moto

ラフマニノフ:ピアノ・ソナタ 第1番 ニ短調 Op.28
 1. Allegro moderato
 2. Lento
 3. Allegro molto

ブラームス:ピアノ・ソナタ 第3番 ヘ短調 Op.5より
 2. Andante espressivo
 5. Finale: Allegro moderato ma rubato

【演奏】
アレクサンドル・カントロフ(ピアノ)

【詳細】
ディレクター:Sébastien Glas
会場:Salle des Combins(ヴェルビエ、スイス)
制作年:2021年
制作:© Idéale Audience
3 件
TOP