ヴェルビエ音楽祭特集へ
藤田真央のモーツァルト、ピアノ・ソナタ全曲演奏会(Ⅳ/Ⅴ)

藤田真央のモーツァルト、ピアノ・ソナタ全曲演奏会(Ⅳ/Ⅴ)

モーツァルト・ソナタ・チクルス第4回は、「初心者のための小さなクラヴィーア・ソナタ」と記されたハ長調ソナタK.545から瑞々しく始まります。シンプルでありながら、モーツァルト後期の成熟を深く湛えた名作を、藤田真央がいまどう演奏するかが楽しみです。
  • medici.tv JAPAN
    2021.07.17
  • お気に入り
モーツァルト・ソナタ・チクルス第4回は、「初心者のための小さなクラヴィーア・ソナタ」と記されたハ長調ソナタK.545から瑞々しく始まります。シンプルでありながら、モーツァルト後期の成熟を深く湛えた名作を、藤田真央がいまどう演奏するかが楽しみです。そこから遡って、最初の6曲の連作のうち作曲家がとくに力を入れたニ長調ソナタK.284へ。そして、3年後、1778年夏にパリで作曲したイ短調ソナタK.310に進みます。モーツァルトには珍しく、ピアノ・ソナタでは2曲を数えるだけの短調作品。強く深い感情が表されるこの名作で、プログラムは劇的に結ばれます。
【プログラム】
モーツァルト:ピアノ・ソナタ 第16番 ハ長調 K.545
 1. Allegro
 2. Andante
 3. Rondo: Allegretto

モーツァルト:ピアノ・ソナタ 第6番 ニ長調 K.284 《デュルニッツ》
 1. Allegro
 2. Rondeau en polonaise
 3. Tema con variazione

モーツァルト:ピアノ・ソナタ 第8番 イ短調 K.310
 1. Allegro maestoso
 2. Andante cantabile con espressione
 3. Presto

ショパン:ノクターン 第14番 嬰ヘ短調 Op.48-2

【演奏】
藤田真央(ピアノ)

【詳細】
ディレクター:Pierre-Martin Juban
会場:Verbier Church(ヴェルビエ、スイス)
制作年:2021年
制作:© Idéale Audience
3 件
TOP